ブログ

ジョグ歩とウォーキングの違い

ウォーキング大会なのに、走っている人を見かけることがあります。

以前もブログで書きました。

ここで書いたことがジョグ歩とウォーキングの違いと言って良いでしょう

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20170520/

陸上競技の世界では、「歩く」と「走る」が明確にルール付けされています。

「どちらかの足が一瞬でも地面に接地している」「着地した足が垂直になるまで膝を伸ばす」

 

ただ、一般的なウォーキング大会では、明確なルール決めはなく、判断をする方も主観に頼らざる得ない、

というのが実情です。

これは仕方がないことだと思います。

 

どんな競技でもアマチュアレベルになれば、審判の質もそうなるのは当然のこと

しかし、その審判を指標にしなければ「大会」が成り立たないのも当然のこと

そうなると、出場するプレイヤーに求められるのは、しっかりとその大会に合わせて

自分の技術を磨く、ということです。

 

フォームは速くなれば速くなほど、崩れるものです。

それはトップアスリートでも起こりうることです。

ですから、ウォーカーの皆さんや、競歩の競技歴の短い方で充分に起こりえることです。

ましてや、速い時の自分のフォームをリアルタイムには鏡でもないと見れないので

自分では判断するのは難しいことです。

 

ジョグ歩に見られないようにするには、

大きな歩幅で、膝をなるべく伸ばして、かかとを巻き上げないように。

そのことを、常に意識して歩くことをお勧めします。

 

大丈夫です、トレーニングを積めば動きは修正できます!

Follow me!

関連記事

  1. 運動初心者の女性で3㎞競歩から転向して、僅か2ヶ月で初ハーフマラ…
  2. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  3. 朝の情報番組「ZIP」に出ます、まだ先ですが…
  4. 夢へ、一歩一歩
  5. アジア大会中ですが、ナショナル合宿中です
  6. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  7. 本日、ウォーキングツアーのNHK撮影が無事に終了
  8. 早速、感想のメールを頂きました!WEB講習会 心拍数を活用したト…
PAGE TOP