BLOG

ウォーキングブログ

給水スポンジが何でそんなとこから出てくるのか?、というと。。。五輪・世界陸上、TV解説席から見た競歩事件簿③ 競歩を楽しく観よう

50㎞競歩は、長丁場。

3時間40分から4時間以上も掛かる競技

給水も発汗量に合わせて、どうしてもたくさん摂る

 

もちろん、トイレはコースに設置されており

必要であれば行くことは可能だ。

しかし、それはタイムを犠牲にすることになる。

 

2017年ロンドン世界陸上、50㎞競歩でそのシーンが起きた

外国の選手が、ランニングパンツからおもむろに

給水スポンジを取り出し、投げ捨てた!

なぜ、ランニングパンツから給水スポンジが出てきたかというと

「トイレ(小の方)を済ませたから」

 

実はこれは超ウルトラ高等テクニックで、誰もが出来ることでは無い。

レース中にトイレに行きたくなったら、

スポンジを絞り、ランニングパンツに入れて、用を済ませてスポンジに浸み込ます

そして、それを投げ捨てれば、そつなく「用足し」が出来る

 

カメラはその瞬間を捉えたのだった。

映像としてはお茶の間に流れているので、解説しようか?

けど、今の日本は夕飯時、止めとこうか?

その判断でしばし絶句。。。

 

一応、ブログで紹介したので、おそらく映像で流れても紹介しないかと(笑)

ただ、歩きながら用を足すはかなり難しいです。

ちなみに私は挑戦しても全くできませんでした。

止まってする、しかできませんでした(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート…
  2. 競歩で「分かりやすく」健康になる
  3. ウォーキング 「寒暖差」を小さくして身体を冷やさないように歩こう…
  4. #皇居ウォーキング してきました。10㎞ 50分53秒 ご一緒頂…
  5. 2022年 最後のブログ スポーツと社会をつなげていきたい
  6. バルセロナ合宿、独りぼっちの #クリスマスイブに起きた事件
  7. 腕振りが苦手な職種
  8. 東京五輪 女子20㎞競歩展望
<<
PAGE TOP