ブログ

メダル至上主義 つづき

メダル至上主義 ブログの続きです

メダルを獲得する姿も、力をもらえる姿ですが、

例え、そこに手が届かなかったとしても、

悔し涙にむせぶ姿に、心を打たれ。

インタビューで謝る謙虚な姿勢に、涙し。

それでもまた次を目指して頑張る、というコメントに自分を重ね

明日から頑張ろう!っと思う。

競争だけではなく、

転んだ選手を待って、国籍の違う選手が共に走る姿に感動し

仲たがいをしている、国同士の選手が仲良く写真に写る姿をみて

人と人とは、心が通えあえるスポーツの可能性に心の打たれ

ゴールの瞬間まで、戦い合っていたもの同士が、

汗にまみれて抱き合い、お互いの健闘をたたえ合う。

そんな映像を、五輪で見ると

メダル獲得数の持つ意味を、やはり考えてしまいます。

Follow me!

関連記事

  1. 金メダル2つの会場でみえたもの
  2. トップアスリートは常識を打ち破るのが仕事
  3. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
  4. 陸上競技日本選手権開幕! 競歩は???
  5. 相撲と競歩のお話し
  6. スポーツと医療の最前線の融合
  7. パラリンピックを観て想う・・・②
  8. 当たり前のメダルは無い
PAGE TOP