ブログ

リオ五輪 代表選手 紹介 50km競歩 その2

森岡選手 50km

森岡選手は昨年開催された、全日本競歩50km高畠大会の

派遣記録突破での優勝で、五輪代表を決めました。

不動の日本代表と言って良いくらい、20kmでも50kmでも

強さをみせて来ましたが、北京の世界陸上では

久しぶりに代表を逃しました。

かなりの悔しさだったと思います。

高畠大会のゴール直後の森岡選手の写真を見て、

代表を勝ち取った嬉しさが伝わって来ました。

それだけに悔しい思いをしたのだろうと。

森岡選手の良さは、その美しいフォーム

長身の選手は普通に歩いてもストライドが広いので

身体的に有利な分、技術的な部分が未完成な選手が多い

傾向にあります。

しかし、森岡選手は腕を引いた時の肘の位置が高く、

それがスムーズな振り出しを産み、彼の流れるような

美しいフォームの礎となっています。

しかも、足(ピエ:くるぶしより下の部分)が低いので

失格になり難いフォームです。

リオ五輪では、その美しいフォームを武器に頑張ってくれるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 50km競歩 サイドストーリー
  2. 本の紹介③
  3. 筋力に頼らない、歩き方をしよう
  4. 専門家に学ぶべきシンプルな理由
  5. 今年もお世話になりました! 2019年を象徴する1枚
  6. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 新たに手にした武器と共にメダ…
  7. 全日本競歩20㎞能美大会 男子20㎞競歩東京五輪最終決戦
  8. 本の紹介①
PAGE TOP
PAGE TOP