ブログ

競歩 骨盤が生むストライドはこんなにも有利に!

競歩では骨盤を前後に動かします

その一つの理由は、ストライドを広げる

という目的があります。

競歩は、どちらかの足が一瞬でも地面に接地していけなければいけません。

そうすると、走りと違って「前に飛ぶ」ということができません

そうなると、歩幅(1歩進むの距離)が足の長さ分に限られてしまいます

歩幅は実はものすごく重要です。

歩幅が60cmの人が10歩進めば

60×10 になるので600cm、つまり6m進みます

だから、3cm歩幅広がれば

63×10 になるので630cm、つまり6.3m進みます

30cmしか変わらないので少なく感じるかもしれません

では、1km進むのに歩幅が60cmの人は何歩必要でしょうか

1kは1000mです。1mは100cm。

ですから、1kは100000cmです。

100000/60cm は1666.7歩、つまり1km歩くのに1667歩必要になります

3cm歩幅が広がって1667歩歩くとどうなるでしょうか、

3cm×1667≒5000cm(50m)となります

つまり、歩幅60cmの人が1kmを歩いた時に、

歩幅がたった3cm長いだけで50mも先にいます

3km歩けば150m先に

5km歩けば250先に・・・きっと後姿も見えなくなるでしょう

同じ回数身体を動かしているのにです。

なんかたった3cmですが、歩幅を広げられないだけ損した気分ですよね

無理やり3cm伸ばせば逆に疲れますが、

骨盤を上手くつかれば確実に楽に3cm以上は歩幅が広がります

だから、競歩では骨盤を使って楽に効率よく歩く技術があるのです

初心者講習会やります。

ぜひ、ご参加を!!

http://ameblo.jp/walkingclub-sakura/theme-10027591509.html

Follow me!

関連記事

  1. 一番、日常生活に近いスポーツ「競歩」を皆さんに親しんでもらうため…
  2. 20km競歩 能美大会が見せた20km競歩メダル獲得の可能性
  3. 競歩で2200mの高地合宿を1か月すると、成田空港でどうなるか?…
  4. 荒井選手と死闘を繰り広げたダンフィー選手が紹介されます 世界はT…
  5. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
  6. リオ五輪 代表選手 紹介 50km競歩 その3
  7. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
  8. ウォーキングで速く歩くために、競歩のストロールを学ぶ
PAGE TOP
PAGE TOP