ブログ

身体と金づち

速く身体を動かすために、必ず止まっているところが

必要になります。

身体の全部が動いてしまってはバタバタしているだけで

まるで速く動かせません

目では身体全部が動いているようなのだけれど

速く身体を動かせている人には必ず身体の中で

止まっている部分が存在してます

良く例えるのですが、金槌を速く振ろうとするとき

金槌の柄を持って振ろうとすると、柄の先にある

金の部分の重さに振られて手首が動いて速く振れません

しかし、

金槌の金の部分を持って振れば、重さに手首が持って

いかれないので、動かず、柄を持って振るより

速く金槌が振れます

歩くときも必ず止まっている部分を意識してあげるのは

大事なことです

でも、この例え、もう一つ大事な意味があるんですが

それは、また次回に!

競歩 初心者講習会やります!

東京は9月15日
詳しくはここをクリック

名古屋・大阪でもやります。
詳しくはここをクリック

Follow me!

関連記事

  1. 初心者競歩講習会の「使い方」
  2. 歩いて、坂ダッシュ
  3. 3日間 150㎞のダメージ
  4. コンプレッションタイツ 2XUについて
  5. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習
  6. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  7. 1㎞を 3分55秒(時速15㎞)で歩くために。
  8. 100kmウォーキングを食べる!!①
PAGE TOP