ブログ

半月板に亀裂があっても20㎞を時速10㎞以上でゴールする方法

左膝半月板に亀裂が入っている方が、競歩で20㎞マラソンに参加されて

大幅に記録を更新したという嬉しいメールを頂きましたので

ご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーー

20kmマラソン大会に参加して来ました。競歩で挑戦は昨年の12月以来、2回目です。
前回の記録を上回るのが目的でしたが、
先日、お伝えしたように「競歩式ラン」(未完成ですが)
で、なんと1時間52分というタイムでゴール出来ました。
実に37分の短縮です。

といっても、審判がいたらすぐベントニーで警告・失格に
なったかもしれません。自分自身、「あ、曲がったな」という
感覚は結構ありました(今後の課題)。

ただロスオブコンタクトにならないよう、これは徹底したつもりです。
飛ばない、跳ねない!

競技中も競技後も、そして今朝も膝の痛みは全くなく、腫れても
いません。

一昨年秋に左ひざ半月板に亀裂が生じたことを申し上げましたが、
あれから数か月後、少しは走れるかな?と思ったら、1kmも無理でした。
変な痛み。

しかしその後、競歩を学び始め、「跳ねない」足の運びを学習し、
競歩としてはまだまだですが、「競歩式ラン」で今回のような
タイムになり、これなら市民マラソンのハーフ部門(制限は一般に
2時間半)に出られると強い確信が生まれました。

今朝は起きたら、背中・お尻・内ももが筋肉痛です。
練習でも20km競歩は何度かやってきましたが、今朝のような
強い筋肉痛は初めてです。かなり気合いが入ったのかもしれません。

それと昨日のレース中、ランナーを抜くと、意地で抜き返してくる
ランナーが数人いました。やはり歩いている人に抜かされると
頭に来るのかもしれません。

あとはベントニーにならない綺麗な着地を目指します。

ーーーーーーーーーーーーーー

さすがに時速10㎞以上のスピードだと走っている人を抜くことも多く

抜かれた人が意地になって抜き返してくる。

「歩いている」、っと思われているからこそ抜き返してくるのです。

しっかり「競歩」で歩けていたと思います!

 

ランには競歩にはない「魅力」があるように

競歩にもランにはない「魅力」があります。

それを多くの人に伝えたいと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. WEB競歩講習会 2日目 参加者からのお声
  2. 2024年に向けて、パリ五輪で50㎞競歩が開催されない、その代わ…
  3. 関東学生陸上競技対抗選手権、10000m競歩で久しぶりの優勝。失…
  4. 手術をしたはずが,、目覚めたら脳梗塞を発症していた ウォーキング…
  5. 変形性膝関節症でも膝をまっすぐにする
  6. テン6、達成感が作る「笑顔」
  7. 世界陸上男子女子50㎞競歩 解説 無事に終了
  8. 坂ダッシュ!実は予想外の展開 ZIPのメダルラッシュをより楽しん…
PAGE TOP
PAGE TOP