ブログ

競歩のモーションキャプチャーから分かること④ 競歩の「速さ」「楽さ」の秘密

モーションキャプチャーで正面から競歩を捉えた瞬間です。

左の腰に体重がのり、右の腰が脱力されている瞬間です。

 

真ん中、赤い線は地面への「力の強さと方向」、つまり「地面を蹴っている向きと強さ」です

身体の中央に向けて、まっすぐに頭の辺りまで伸びています。

 

よくウォーキングの本で地面を強く蹴りましょう、をすれば、

右足のかかとはもう少し浮き上がっていなければなりませんが

キャプチャーをみるとそんな様子はありません。

しかも、このモーションキャプチャーは時速15㎞のスピードで撮影したものです。

 

普通のウォーキングよりも速いのに、地面は蹴らない、のです。

 

骨盤に体重が載るの、という動作で、骨盤に力が入ったままだと

キャプチャーのように左の腰の位置は上には上がりません。

つまり、地面に力を伝えるという「一番力が入る瞬間」でありながら

骨盤自体はリラックスをしている、ということなのです。

 

ここに、競歩の「速さ」・「楽さ」が集結しているのです。

Follow me!

関連記事

  1. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  2. 1年半ぶり 九州に無事に上陸
  3. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
  4. パーソナル受講者の ヒップアップ が ウォーキングで可能になった…
  5. 世界陸上ロンドン マラソン惨敗に想う
  6. 初心者の競歩選手を悩ます、脛の張り
  7. ウォーキング初心者でも時速8㎞でウォーキングできると考えています…
  8. ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧
PAGE TOP