ブログ

【取材】読売新聞

読売新聞の取材を受けました。

リオ五輪での競歩の注目の高さを感じます。

やはり、取材でもテーマになるのは

「速くなったが、強さがない日本競歩」

日本の選手の自己記録は速くなりました。

けれど、国際大会でメダルの獲得者は

谷井選手の1名だけ

やはり、寂しい数字です。

速くなければメダルは獲れません。

しかし、

速いだけでは、メダルは獲れません。

では、なぜメダルが獲れないのか?

要因は1つだけではありません。

いろいろと考察して、またここで書いていきたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 3日間 150㎞のダメージ
  2. 【歩く技術】を使ったウォーキング①
  3. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習で気を付けたい…
  4. 100kmウォーキングを食べる!!①
  5. 世界陸上ドーハ大会 研ぎ澄まされた感性でスパート合戦を制すか! …
  6. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  7. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  8. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔い…
PAGE TOP