ブログ

リオ五輪 代表選手 紹介 20km 競歩 その1

「未完の大器」という言葉が高橋選手の印象です。

ですが、「未完」という言葉は

彼の実績に照らし合わすと

当てはまらない言葉です。

23才で日本選手権を2連覇

しかも、最初の優勝は世界記録を出した鈴木雄介選手に

勝ってのもの。この価値は非常に大きいです。

それなのに未完と感じさせるのは…

初めての世界陸上に挑んだ北京大会

結果は惨敗でした。好記録を持って臨んだだけに

周りも本人も悔しい思いをしました。

世界陸上北京大会で20km選手3人と会いましたが、

世界記録を出して期待された鈴木選手より、

彼の落ち込みが一番大きいかったように感じました。

国際大会で結果を出せなかったこと、

競歩の技術的な部分でも、

まだまだ完成されていないと本人も感じているようです。

選手を一番成長させるのは、「悔しい」という感情です。

スピードを出すセンスは世界一だと感じてます。

そこに「悔しさ」というスパイスが加わりました。

リオ五輪の彼の活躍を期待せずにはいられません

Follow me!

関連記事

  1. RWランニング (競歩式ラン)
  2. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る① 最速スピードの調べ方…
  3. 世界陸上男子女子50㎞競歩 解説 無事に終了
  4. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
  5. 100kmウォーキングを食べる③ どうカロリー補給をするか?その…
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習
  7. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  8. ダラダラ、ウォーキングはもったいない
PAGE TOP