ブログ

現代 五輪論④

五輪が、薬の見本市のように

なってしまってはいけない、ということを

現代 五輪論②
http://ameblo.jp/walkingclub-sakura/entry-12171384491.html

で、書きました。

ドーピングの問題も

現代 五輪の大きな課題ですが

国の資本力も、競技力を大きく分ける時代に

なってきたかとも感じています。

どういうことかというと、

施設が必要なもの

例えば、体育館・プールなど大きな建造物や

維持費にコストがかかるような種目は

途上国の選手は、得意としていないと感じてます。

それは、やはりお金のかかる設備が

揃えることができないことも

一つの要因だからでしょう。

だからこそ、シンプルな陸上競技は

身体能力の高さがそのまま競技力に通じている

そういう側面はあると思います。

五輪が広まれば広まるほど

競争は激しくなるはずですが

昔からその種目が得意とする種目が

偏っている国があるとして

現代でも変わらないとしたら・・・

もちろん、伝統に蓄積された

確立されたトレーニング方法の確立

もあるでしょうが、

競争としては、まだ発展途上なのかもしれません

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 一番強いのは自分だという強い気持ち 高橋英樹…
  2. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  3. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【時間がない…
  4. 50㎞競歩の凄さ、そして廃止の検討
  5. 100kmウォーキングを食べる⑦ どうカロリー補給をするか?その…
  6. なかなか、治せない自分の癖との向き合い方
  7. カーボローディング、やったことはありますか?
  8. リオ五輪 20㎞競歩 予想
PAGE TOP