ブログ

寒い→暑い 暑い→寒い どっちが身体への負担が大きい?

好評につき再々放送決定
NHKBS1「ウォーカーズ!」歩くことはスポーツだ!
1月28日(土)午後0:00 ~
http://www4.nhk.or.jp/P4283/2/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
講習会、開催してます!
詳しくは、こちら←クリック

各会場とも、まだまだ募集しています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

両方を経験しました。

個人の感覚ですが・・・

 

個人的には、寒い→暑いの方が

身体への負担は大きいと、感じています。

暑い→寒いだと、感覚的に

寒くてつらい、という感情だけで

身体がきついということはありません。

 

暑い→寒いで身体に生理現象的に起こることは

○手がかじかむ
○鳥肌がたつ

もちろん、しもやけとかある種の障害も起こるでしょう

ですが、けっこう対策ができるものです。

しかし、その逆の

寒い→暑いは

汗をかく、という生理現象がおきます。

この「汗をかく」ということの身体的負担は

そこそこあるように思えます。

正確に言えば、「汗をかけない」ということですが。

正反対の言葉が続きましたが

暑くて汗をかきたい、と身体が欲しているのに

寒いので汗腺が閉まっていて、上手に汗をかけない

ということが、身体への負担を大きくしています。

汗をかくということは、皮膚の温度を下げると同時に

体内の温度も外に放出します。

暑い中でも、体温が一定に保たれるようする

人の持つ身体の機能です。

それが、うまくいかない、ということが

寒い→暑い、では起きてしまうのです。

もし、寒いより暑いの方が、身体への負担が少ないのであれば

夏の暑い時期に、マラソンとかが多く開催されるべきですが

実際は、その逆です。

そう解説すれば解りやすいかもしれませんね。

Follow me!

関連記事

  1. 五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・後編
  2. GPSとウォーキングメジャー GPSの正確性
  3. 【レポート】第8回山手線1周ウォーキング
  4. 【歩く技術】を使ったウォーキング②
  5. 100kmウォーキングを食べる④ どうカロリー補給をするか?その…
  6. 「速いスピード」と「長い距離」どちらが体への負担が大きいか?
  7. 現代 五輪論⑤
  8. リオ五輪 競歩総括解説
PAGE TOP