ブログ

金メダル2つの会場でみえたもの

金メダルを2つの誕生を目の当たりにすることが

できました。

 

それよりも、興味深かったのは選手とコーチの関係と

勝者と敗者のコントラスト。

とても、美しかったです。

 

試合が終わって、勝者も敗者もコーチと抱きしめ合い

片方は喜びを、もう片方は悔しさを分かち合う

行為は一緒です、意味もほとんど一緒でしょう

これまでの労をねぎらい、感謝をお互いにする。

 

ただ、違うのは勝者か敗者ということだけ。

 

その姿が同時に行われるのを見たときに、

勝つとか負けるとか、ということは結果にすぎず

そこまでのプロセスがどれほど大事なのか、

そんなことを考えさせる、興味深い日となりました。

 

これは、会場でしか味わえないもの

ぜひ、多くの方に4年後に味わってほしいシーンです。

Follow me!

関連記事

  1. 走ると、どうしても「膝」が痛くなる方へ
  2. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
  3. トップアスリートは常識を打ち破るのが仕事
  4. 相撲と競歩のお話し
  5. パラリンピックを観て想う・・・②
  6. スポーツと医療の最前線の融合
  7. 当たり前のメダルは無い
  8. メダル至上主義 つづき
PAGE TOP