ブログ

ウォーキングと競歩①

リオ五輪にきて、放送センターまで徒歩通勤をしています。

そうすると、いろいろな国の人とすれ違ったりしますが

走っている人はほとんどいなく、歩いている人ばかり。

 

つい「職業病」というか、人の歩く姿は観察してしまうのですが

人種によって歩くフォームに変わりがあるかと言えば・・・

ありません。

みなさん、必ずどちらかの足が地面に接地し、歩幅の広い狭いはありますが

フォームに変化はありません。

 

ただ、見ていると明らかに歩き方が違うと思う人がいます。

それは、国籍とか人種とかでなく

その人がやっているスポーツによって、歩き方に大きな違いがあります。

 

これは見ていると本当に興味深いです。

どの種目の選手が、どんな歩き方をするかは、また次回にお話ししますが

リオ五輪に来て、いろんな種目を見させてもらったからこそ

見えてきた種目特性というべきものでしょう。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク 競技として練習メニューを考える。
  2. ウォーキングに適した色は?
  3. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅①
  4. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  5. テン6ウォーキングお疲れ様でした
  6. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説② 【腕振りが身…
  7. なぜ、インナーマッスルが重要と言われるのか?
  8. ウォーキングと競歩②
PAGE TOP