ブログ

当たり前のメダルは無い

本日はレスリングの会場に行きました。

いくつか試合は見に行ってますが、行った試合に外れ無し

柔道金2個、卓球女子の銅メダル、テニスの銅メダル

見に行く全て試合は必ず勝ってメダルが決まっている、

今日もきっと、っと思っていましたが…

 

会場の雰囲気は、観戦に行ったどの試合よりも

盛り上がっており、観客数も一番多く、歓声で埋め尽くされてました。

これはプレッシャーになるのか?力になるのか?

しかし、ここまで3連覇した彼女ならすべての事を力に変える

そんな力があるのだろうと、観戦してました。

 

負けて銀メダルが決まった瞬間は、ちょっと見てられませんでした。

その場にいた日本人も、おそらく日本で観戦していた人も

そうだったと思います。

ただ、リングから立てない彼女を見ているしか、なかった。

 

だからといって彼女の栄光が色あせる訳でもないし、

日本中のすべての人が「よくやった!」という想いでいっぱいだと思います。

 

けど、本人は違うんです。

今まで、五輪で「君が代」しか聞いたことが無かった彼女が

どんな気持ちでアメリカ国歌を聞いていたかと思うと

やはり、表彰台で泣く彼女をただ見つめているだけでした。

Follow me!

関連記事

  1. トップアスリートは常識を打ち破るのが仕事
  2. メダル至上主義 つづき
  3. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
  4. 日本柔道の美学
  5. 相撲と競歩のお話し
  6. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
  7. 金メダル2つの会場でみえたもの
  8. 陸上競技日本選手権開幕! 競歩は???
PAGE TOP