ブログ

当たり前のメダルは無い

本日はレスリングの会場に行きました。

いくつか試合は見に行ってますが、行った試合に外れ無し

柔道金2個、卓球女子の銅メダル、テニスの銅メダル

見に行く全て試合は必ず勝ってメダルが決まっている、

今日もきっと、っと思っていましたが…

 

会場の雰囲気は、観戦に行ったどの試合よりも

盛り上がっており、観客数も一番多く、歓声で埋め尽くされてました。

これはプレッシャーになるのか?力になるのか?

しかし、ここまで3連覇した彼女ならすべての事を力に変える

そんな力があるのだろうと、観戦してました。

 

負けて銀メダルが決まった瞬間は、ちょっと見てられませんでした。

その場にいた日本人も、おそらく日本で観戦していた人も

そうだったと思います。

ただ、リングから立てない彼女を見ているしか、なかった。

 

だからといって彼女の栄光が色あせる訳でもないし、

日本中のすべての人が「よくやった!」という想いでいっぱいだと思います。

 

けど、本人は違うんです。

今まで、五輪で「君が代」しか聞いたことが無かった彼女が

どんな気持ちでアメリカ国歌を聞いていたかと思うと

やはり、表彰台で泣く彼女をただ見つめているだけでした。

Follow me!

関連記事

  1. 冬季北京五輪 五輪はスポーツという形をした劇場、2つの記事と、記…
  2. 【健康ウォーキング】メンタルヘルス うつ病・認知症にならないため…
  3. 【忘備録】「入賞狙いの入賞」と「優勝狙いの入賞」の違い
  4. 【この時季必見】早く歩かなくても、ウォーキングで身体をすぐに温め…
  5. スポーツと医療の最前線の融合
  6. 冬季北京五輪 ロシア・ワリエリ選手ドーピング問題 ロシア選手のド…
  7. 【ランの方が】ウォークで左右バランスを整えるために気を付けたいこ…
  8. ランニングを始める!マラソンに挑戦したい!と考えている方にウォー…
PAGE TOP
PAGE TOP