ブログ

専門家に学ぶべきシンプルな理由

同じ「走る」にしても身体の動かし方は、目的によって

だいぶ変わってきます

分かりやすく短距離走と長距離走を比べてみましょう

どっちがスピードが速いかといえば短距離走です

どっちが速く身体を動かしているかといえば、それも短距離走です

走り方を見ても、同じ「走る」という動作でありながら

身体の動かし方や意識の持ち方が変わってきます

短距離は大きく腕を振り、長距離は比較的コンパクトに

腕を振ります

それは、オリンピックなどでマラソン中継と短距離走を見れば

一目瞭然です

同じ「走る」でも目的が違えば身体の動かし方が

変わってくるのは自然なことです

同じ「走る」でこれだけ違うのに「走る」と「歩く」であれば

身体の使い方の意識の持ち方に大きな違いが出るのは当然です

だから・・・、

「走る」を専門にしていた方のウォーキング論と

「歩く」を専門していた競歩選手のウォーキング論で

違いが出るのは当たり前のことなのです

講習会、やります!

東京はこちらをクリック

名古屋・大阪はこちらをクリック

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 骨盤が生むストライドはこんなにも有利に!
  2. 2019年 日本選手権20㎞競歩レビュー
  3. 20㎞競歩 でメダルを獲得するための合宿というのが本題の合宿です…
  4. 勝利の条件(NHK-BS1) 再放送、決まりました!
  5. 本の紹介①
  6. ランにも活用できる競歩講習会、京都マラソンに参加された方からのお…
  7. ウォーキング(競歩) 世界マスターズでメダルが必要なタイムとは?…
  8. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
PAGE TOP