ブログ

専門家に学ぶべきシンプルな理由

同じ「走る」にしても身体の動かし方は、目的によって

だいぶ変わってきます

分かりやすく短距離走と長距離走を比べてみましょう

どっちがスピードが速いかといえば短距離走です

どっちが速く身体を動かしているかといえば、それも短距離走です

走り方を見ても、同じ「走る」という動作でありながら

身体の動かし方や意識の持ち方が変わってきます

短距離は大きく腕を振り、長距離は比較的コンパクトに

腕を振ります

それは、オリンピックなどでマラソン中継と短距離走を見れば

一目瞭然です

同じ「走る」でも目的が違えば身体の動かし方が

変わってくるのは自然なことです

同じ「走る」でこれだけ違うのに「走る」と「歩く」であれば

身体の使い方の意識の持ち方に大きな違いが出るのは当然です

だから・・・、

「走る」を専門にしていた方のウォーキング論と

「歩く」を専門していた競歩選手のウォーキング論で

違いが出るのは当たり前のことなのです

講習会、やります!

東京はこちらをクリック

名古屋・大阪はこちらをクリック

Follow me!

関連記事

  1. 本の紹介③
  2. 高校生応援!高校生の競歩選手がやっておきたいトレーニング①
  3. 50㎞競歩最後1枠を決める最大ポイント!!どのラップで5㎞20分…
  4. 2011年世界陸上大邱大会 日本3選手が入賞するも韓国に先にメダ…
  5. 乳酸の話はまた今度、メール通信受講者がパーソナルを受けた話
  6. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  7. 20㎞競歩 でメダルを獲得するための合宿というのが本題の合宿です…
  8. 東京五輪50㎞競歩代表 川野将虎選手 世界ランキング5位 迷わず…
PAGE TOP
PAGE TOP