BLOG

ウォーキングブログ

なぜ、インナーマッスルが重要と言われるのか?

身体を動かすとき

必ず止まるところがあるから動くところがあります

つまり、止まるところを身体で意識できるようになれば

動かすべきところを動かしやすくなります

うーん、ちょっとわかりにくいですかね

コメントで頂いたインナーマッスルがその例の一番です

インナーマッスルとは体幹深部筋です

身体の奥にある筋肉が止まっているということができれば

手足を速く動かすことが出来るのです

ですが、目に見える訳ではない筋肉を意識するのは

とても大変なことです

たとえ実感が無かったとしても、しっかりと意識だけはしたい

筋肉です

講習会やります。

身体の使い方をぜひ意識してみてください。

詳しくは、ここを!

Follow me!

関連記事

  1. #ウォーキング #パーキンソン病 に効果はあるの?
  2. 「健康」を歩いて作る ウォーキングプログラム20×3
  3. YouTube動画UPしました! #脚が痛くなる歩き方 理学療法…
  4. 健康のためにウォーキングしている方に!歩くだけのウォーキングから…
  5. ランからウォークに変えて、健康診断で大きく変わった数値(60代男…
  6. YouTube動画UPしました! 歩いてサブ4 =40㎞ウォーク…
  7. 【お願い】皆さんがぜひ多くの方をウォーキングに誘ってください #…
  8. 心肺機能を向上するために歩いた結果、医者から言われること
<<
PAGE TOP