ブログ

なぜ、インナーマッスルが重要と言われるのか?

身体を動かすとき

必ず止まるところがあるから動くところがあります

つまり、止まるところを身体で意識できるようになれば

動かすべきところを動かしやすくなります

うーん、ちょっとわかりにくいですかね

コメントで頂いたインナーマッスルがその例の一番です

インナーマッスルとは体幹深部筋です

身体の奥にある筋肉が止まっているということができれば

手足を速く動かすことが出来るのです

ですが、目に見える訳ではない筋肉を意識するのは

とても大変なことです

たとえ実感が無かったとしても、しっかりと意識だけはしたい

筋肉です

講習会やります。

身体の使い方をぜひ意識してみてください。

詳しくは、ここを!

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングと競歩②
  2. ただ速くあるけば良いという訳ではない
  3. 100㎞を《歩いて》9時間53分04秒でゴール サロマ湖100㎞…
  4. リラックスして歩く
  5. ウォーキングに適した色は?
  6. ランニングとウォーキングの違いからのシューズ 選び
  7. 100㎞ウォーク 競技として練習メニューを考える。
  8. マメぐらいできます・・・
PAGE TOP