ブログ

なぜ、インナーマッスルが重要と言われるのか?

身体を動かすとき

必ず止まるところがあるから動くところがあります

つまり、止まるところを身体で意識できるようになれば

動かすべきところを動かしやすくなります

うーん、ちょっとわかりにくいですかね

コメントで頂いたインナーマッスルがその例の一番です

インナーマッスルとは体幹深部筋です

身体の奥にある筋肉が止まっているということができれば

手足を速く動かすことが出来るのです

ですが、目に見える訳ではない筋肉を意識するのは

とても大変なことです

たとえ実感が無かったとしても、しっかりと意識だけはしたい

筋肉です

講習会やります。

身体の使い方をぜひ意識してみてください。

詳しくは、ここを!

Follow me!

関連記事

  1. 【健康ウォーキング】メンタルヘルス うつ病・認知症にならないため…
  2. 寒い時期、身体を温めることは重要ですが、筋肉より先に温めたい場所…
  3. 歩いて【マラソンのサブ6】を狙う、ウォーキングトレーニングの〈第…
  4. リラックスして歩く
  5. 【健康ウォーキング】《気持ちが元気になる!》ウォーキングで幸せホ…
  6. 60分のウォーキング 脂肪は何g減るか?
  7. 【ウォーキング・競歩】年齢・体力・経験がないから「出来ない、無理…
  8. 東京エクストリームウォーク100㎞ 完歩おめでとうございます!2…
PAGE TOP
PAGE TOP