ブログ

ただ速くあるけば良いという訳ではない

ウォーキングのポイントは速く歩くことです

それは、速く歩くことで…

○効率的に脂肪燃焼ができる
※遅いペースだと脂肪燃焼量も少ない

○ウォーキングは左右正対象で行う動作なので身体の左右バランスが整う

○効率的な身体動作を身に付けることができる

当然、闇雲に歩いただけでは上記の3つの効果を得にくいです。

力任せに速く歩いても

上記の3つのポイントを

効果的に行なうのは難しいでしょう・・・

だって、力任せに歩いたら

疲れて長く歩くことが出来ずに脂肪燃焼効果を得にくいです

どうしても力の部分に頼ってしまってバランスは関係なくなります

身体を使うのではなく、筋力を使うになるので身体動作としての

質は悪くなります

だから、フォームが大切なんです

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングでダイエットをするために、大切な事
  2. 腕振り 五輪でみる競歩とマラソンの違い
  3. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅①
  4. 皆さんのウォーキングに目標を持たせてくれる!テン6ウォーク、ただ…
  5. 身体能力が上達を妨げる?!
  6. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  7. 100㎞ウォーク 競技として練習メニューを考える。
  8. なぜ、100㎞でもネガティブスピリットを勧めるのか?
PAGE TOP
PAGE TOP