ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニングへの休養メニュー③

「時間歩」は、

体力のない、新入生によくやらせる練習メニューです。

言葉の通り、決まった時間歩き続けるというもの。

「筋持久力」は、運動強度つまり負荷の強い運動で強化されるのではなく

あくまでも運動時間で強化されていきます。

だから、長く運動をすればするほど、強化されていくものです。

時間歩はやる人間がペースを決められるので、

初心者でも上級者でも、手軽に「筋持久力」が鍛えられる

練習メニューです。

ですから、休養期で疲労をとりたい、けど筋持久力を落としたくない

という練習にぴったりなのです。

100㎞ウォーキングのゴールタイムを例えば14時間に設定したら

上記の理論でいくと、どんなにゆっくりでも良いので

14時間はのんびり歩きたいのですが、ここは休養期

2時間の散歩程度のウォーキングに留めておくべきでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 新たに手にした武器と共にメダ…
  2. 中国で100kmを想う
  3. 2017 世界陸上 ロンドン 女子20㎞競歩 メダル事前予想
  4. 初心者でも簡単に目指せるテン6(テンロク)
  5. 回復(リカバリー)を考える ⑤ 練習の範囲
  6. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ
  7. 回復(リカバリー)を考える ④ トレーニングバランスを考える
  8. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー③ 【健康編】個別にメニ…
PAGE TOP