ブログ

ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①

前回の合宿の成果で、今回の結果につながった

とは、思っていません。

ただ、こういう合宿が意義のあることだと思ってもらえるように

準備をして、努力して、選手に伝えるだけです。

 

つまり、我々も選手が試合に向かうときに、努力して準備をする

という工程を経て、選手と対峙して選手と共に大会を戦うのです。

 

「藤澤」がメダルをわざわざ持ってきてくれました。

ちょっと照れくさくて、素直に「ありがとう」も言えず

首に掛けることも出来ずに、手に持ちました。

50も近いおっさんなので、その辺は選手諸君も考慮してくれると嬉しいです(笑)

 

そして、同じく思ったのは、「ここは通過点」

まだまだ、長い道のりです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 20㎞競歩は日本最高レベルの層の厚さ、これをどう結果に結びつける…
  2. マメが出来ないシューズがあるの?っと聞かれたらしたい話
  3. 今日の最高気温は38度で、東京の暑さ対策
  4. 10㎞で自己記録を更新した4名に想う、競歩選手もウォーキング初心…
  5. 世界陸上ドーハ大会 競歩史上初 女子20km競歩W入賞 金メダル…
  6. 「言葉のストック」を持って パーソナルトレーナーをしています!
  7. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  8. ウォーキング や 競歩のパフォーマンス向上のために、2つの異なる…
PAGE TOP
PAGE TOP