ブログ

ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①

前回の合宿の成果で、今回の結果につながった

とは、思っていません。

ただ、こういう合宿が意義のあることだと思ってもらえるように

準備をして、努力して、選手に伝えるだけです。

 

つまり、我々も選手が試合に向かうときに、努力して準備をする

という工程を経て、選手と対峙して選手と共に大会を戦うのです。

 

「藤澤」がメダルをわざわざ持ってきてくれました。

ちょっと照れくさくて、素直に「ありがとう」も言えず

首に掛けることも出来ずに、手に持ちました。

50も近いおっさんなので、その辺は選手諸君も考慮してくれると嬉しいです(笑)

 

そして、同じく思ったのは、「ここは通過点」

まだまだ、長い道のりです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 43才、初めての3000m競歩を16分台でマスターズ陸上で勝って…
  2. 普及に想う
  3. 速く歩くことの効能
  4. 医療機関のへの負担を減らそう!今年の夏は、コロナ対策と同じくらい…
  5. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  6. アジア大会20㎞競歩 男女で 銀と銅を獲得!!を解説
  7. 陸上競技の厳しさに埋もれた、池田選手の凄さ。
  8. 山手線の新たな企画
PAGE TOP
PAGE TOP