BLOG

ウォーキングブログ

ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①

前回の合宿の成果で、今回の結果につながった

とは、思っていません。

ただ、こういう合宿が意義のあることだと思ってもらえるように

準備をして、努力して、選手に伝えるだけです。

 

つまり、我々も選手が試合に向かうときに、努力して準備をする

という工程を経て、選手と対峙して選手と共に大会を戦うのです。

 

「藤澤」がメダルをわざわざ持ってきてくれました。

ちょっと照れくさくて、素直に「ありがとう」も言えず

首に掛けることも出来ずに、手に持ちました。

50も近いおっさんなので、その辺は選手諸君も考慮してくれると嬉しいです(笑)

 

そして、同じく思ったのは、「ここは通過点」

まだまだ、長い道のりです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 新国立競技場のトラックを歩いてリレーして頂ける方、世界陸上代表選…
  2. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  3. 上半身と下半身の連動のために!
  4. 自分の最大心拍数を知れば、運動の質が向上します
  5. 100kmウォークを秋に挑戦する方がこの時期にするべきこと
  6. 動画で片麻痺の方から学ぶ、障害の無い方もぜひ意識したい、ウォーキ…
  7. 桐生選手の9秒台に想う
  8. 身の引き締まる職務を改めて拝命しました。。。
<<
PAGE TOP