ブログ

日本代表と一般ウォーカーとコーチの苦悩

日本代表選手でも、一般のウォーカーでも

持つ課題にそれほど大きな違いはありません。

「姿勢」の修正だったり

「腕振り」の修正だったり

「足の着地」の修正だったり。

いつもパーソナルで一般の方をアドバイスする箇所となんら変わりません

 

日本代表クラスでもパーフェクトなフォームで試合をしている

っという選手は皆無です。

もちろん、基本的なことは「ほぼ」パーフェクトに出来ています。

 

そして、パーフェクトでなくてもハイパフォーマンスを出せるのは

短所をより補う長所があるからです。

 

例えば、

姿勢は悪いが、腕振りが上手だったり

その逆の

腕振りは悪るいが、姿勢の作り方が上手だったり。

 

ただ、基本的なことはレベルの高いところで出来ているので

パフォーマンスが極端におちる、ということはありません。

 

そうなると、日本代表クラスだとその悪癖を治すか治さないか?

その判断は、悩ましくなります。

短所を無くそうとしたら、そこが長所だった場合もある訳で。

 

高いレベルで基本的なことが出来る。

っという前提条件がつけば、無理に短所を無くそうとしないのも一つの方法です。

そして、とことん長所を伸ばす。

これも、正解です。

 

 

。。。まぁ、コーチ心理としては治したいんですが(苦笑)

 

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするためのシンプルな基礎トレ …
  2. 37度の東京から雨のロンドン 世界陸上ロンドン2017 解説日記…
  3. フォームの左右差を無くすコツ
  4. 筋力に頼らない、歩き方をしよう
  5. 日本陸連もSNSを活用する時代。20㎞競歩の飛躍のために!
  6. チャリティー競歩講習会 再延期のお知らせ
  7. 九州の皆様 アンケートの回答、お待ちしております! 印象に残った…
  8. ネット未だ繋がらず…
PAGE TOP
PAGE TOP