ブログ

世界競歩チーム選手権の金メダルを手にしました!

世界競歩チーム選手権の振り返り合宿してます。

結果が良かった選手、悪かった選手

全ての選手の結果が、今回の金メダルを生み

今後も活躍続けるためのヒントを与えてくれます。

 

そのことを選手には自覚して欲しいです。

「無駄なものはない」ということです。

 

選手に振り返りをわざわざする意義を説明したときに

「勝ちに不思議な勝ちあれど、負けに不思議な負けなし」

ということを言いました。

勝った要因もみんなで共有し、負けた要因もみんなで共有する

そうすることで、長所を伸ばし短所を小さくできると思っています。

 

藤澤選手が、わざわざ団体の金メダルを持ってきてくれました。

うれしいですね。やせ我慢してあんまりそんな態度は見せませんでしたが(笑)

 

首に掛けることは出来ませんでした。

なんだかもったいなくて、自分で獲った訳では無いので、首にかけるのは憚れるので。

それに、ここはあくまでも通過点。

東京五輪に向けてしっかりと良い準備をし続けていきます。

Follow me!

関連記事

  1. 金メダリストが日本に来る背景とは? 東京五輪の前哨戦!4月に石川…
  2. つぶやき。。。
  3. ラン経験者がウォークに挑戦をして、失敗してしまうシューズ選び
  4. 運動生理学者の嘆き
  5. 世界競歩チーム選手権、選手・スタッフに想いを託す、と。。。
  6. 東京エクストリームウォーク 1週間を切って出来ること
  7. 冬のウォーキングで寒さ対策で実際に着ているウェアの解説
  8. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
PAGE TOP