ブログ

歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう

ウォーカーズ!歩くことはスポーツだ‼️
本放送決定!
4/9 14:00〜14:49 NHKBS1

 

速く歩くことができれば、それ以上に速く走ることは

それほど難しくありません。

 

しかし、「速く歩く」、ということは、速く走る、以上に難しいです。

その原因になっているのは、「歩く」ということは、走る以上に

制限が多いので、上手に身体を動かさなければ

速く身体が動いてくれないからです。

 

ですので、箱根駅伝常連校であるわが母校では

「速歩」を取り入れていて、速く歩くということを

よくやっています。

 

そうすることで、身体を上手に使うということを

トレーニングするのです。

 

「速さ=スピード」を生み出す因子は

ストライド×回転数

というのは、何度もこのブログでも書いてきました。

 

そして、難しいのはストライドを「生み出すこと」と「維持すること」

というのも、書いてきました。

 

ストライドを生み出すことを難しくしているのは「身体の使い方」を知らない、ということ。

ストライドを維持することを難しくしているのは「力任せに」なってしまっているということ。

 

この2つを解決すると、スピードは伸びていくのです。

 

そのためにも、まず自分の位置がどこにいるのか?を知るというのも

とても重要です。

 

つまり、現在の自分がスピードを生むために、自分自身どちらが苦手なのか。

「身体の使い方」が上手くないのか?「力任せ」になっているのか?

を理解をしているのか?ということです。

自分の位置が分かれば、あとは進むべき方向性というのが、自ずと分かってきます。

 

Follow me!

関連記事

  1. 人生初の警視庁 心に残ったこととは。
  2. 片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと
  3. スタートラインに立つ、楽しさ
  4. 身体の疲労を回復させる2大要素
  5. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
  6. 速く歩くことの効能
  7. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ビルドアッ…
  8. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
PAGE TOP
PAGE TOP