ブログ

歩いて、坂ダッシュ

今日の選手のトレーニングメニューは
競歩での坂ダッシュです。
なかなか一般的には目にすることはまずないとは思いますが
なかなか、迫力のある練習です。

舗装された登山道を使うのですが、
坂が選手からスピードを奪います。
それに逆らってスピードを出さないといけないので
気持ちの強さも求められます。

坂ダッシュは、難しい練習ですので、
このブログをみて、やろうと思う場合は、注意してください。

・長さ(距離)
・傾度
・本数(回数)

目的によって、上記の3つの要素が変わってきます。

スピードの強化であれば、必ず翌日に筋肉痛にならないと
効果的だった練習とはいえません。

そして、どの部分が筋肉痛になったのか?

それで、

練習が効果的だったか、そうでなかったか?

を、判断します。

もし、狙ったところが筋肉痛になっていない場合は
速く歩くことばかりに意識が奪われて、
実際に速く歩くために必要な筋肉が使えていない

これが一番良くない練習です。

練習をこなす(やればいい)、に囚われて
練習の目的(本質)を理解していない
これは本当にもったいない練習になります。

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーキングを食べる④ どうカロリー補給をするか?その…
  2. 【レポート】ナイトウォーキング 東京タワーtoスカイツリー 20…
  3. リオ五輪 競歩総括解説
  4. 【歩く技術】を使ったウォーキング②
  5. ウォーキングトレーニングメニュー 初心者にも向いている「ビルドア…
  6. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  7. 一般ランナー・ウォーカーとアスリートの違い 個人的見解ですが①
  8. 初心者の競歩選手を悩ます、脛の張り
PAGE TOP