ブログ

自分の歩幅を知ることの重要性

自分がいったいどれぐらいの「歩幅(ストライド)」で

ウォーキングが出来ているかを知るのは

とても、重要です。

 

なぜか?

それは、スピードに大きく関係してくるからです。

 

例えば、回転数(ピッチ)が速い方

1秒間に3歩進める、という方の歩幅が50㎝だとします。

そうすると1秒で進める距離は、1m50㎝

 

回転数(ピッチ)は1秒間2歩だけど、歩幅が75㎝であったとしても

1秒で進む距離は1m50㎝です。

 

足を動かす回数が、1回少ないにも関わらず

同じ距離を進むのですから、効率が良いのは良く分かります。

もちろん、歩幅(ストライド)を広げるに筋力が必要になります。

 

しかし、ここでつける筋力は、回転数(ピッチ)を上げることにも

有効な筋力がつくので、歩幅を広げるということを意識できるようになれば

回転数(ピッチ)も自然と上がってくる

 

一つの動きを意識することで、二つの効果が得られ

なおかつ、スピードも上がるのです。

 

ちなみに、自分の歩幅を知る方法を

咲楽のブログに書きました

 

ご一読下さい!!←クリック

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 50km競歩 サイドストーリー
  2. 100kmウォーキングを食べる③ どうカロリー補給をするか?その…
  3. 10㎞を時速6㎞でウォーキングの最初の壁
  4. 3日間 150㎞のダメージ
  5. 世界陸上ドーハ 中東の暑さを味方に!勝木隼人選手 男子50㎞競歩…
  6. ウォーキング・競歩でスピードを出すときに、気を付けたいポイント
  7. 世界最高記録(非公認)10000m競歩 37分25秒 高橋選手が…
  8. 104年で初めての衝撃 日本選手権50km競歩中止決定
PAGE TOP
PAGE TOP