ブログ

競歩のモーションキャプチャーから分かること④ 競歩の「速さ」「楽さ」の秘密

モーションキャプチャーで正面から競歩を捉えた瞬間です。

左の腰に体重がのり、右の腰が脱力されている瞬間です。

 

真ん中、赤い線は地面への「力の強さと方向」、つまり「地面を蹴っている向きと強さ」です

身体の中央に向けて、まっすぐに頭の辺りまで伸びています。

 

よくウォーキングの本で地面を強く蹴りましょう、をすれば、

右足のかかとはもう少し浮き上がっていなければなりませんが

キャプチャーをみるとそんな様子はありません。

しかも、このモーションキャプチャーは時速15㎞のスピードで撮影したものです。

 

普通のウォーキングよりも速いのに、地面は蹴らない、のです。

 

骨盤に体重が載るの、という動作で、骨盤に力が入ったままだと

キャプチャーのように左の腰の位置は上には上がりません。

つまり、地面に力を伝えるという「一番力が入る瞬間」でありながら

骨盤自体はリラックスをしている、ということなのです。

 

ここに、競歩の「速さ」・「楽さ」が集結しているのです。

Follow me!

関連記事

  1. 雨の日、ズボンへの水はね 対策
  2. 本日、ウォーキングツアーのNHK撮影が無事に終了
  3. つくば100㎞ウォーク スタッフ樋熊、11時間50分で完歩
  4. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  5. 福岡開催 動画フィードバック付き競歩&ウォーキング講習会 201…
  6. とにかく、スポーツを観まくってます。TVですが。
  7. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
  8. スポンサーを激怒させた過去
PAGE TOP