ブログ

競歩のモーションキャプチャーから分かること④ 競歩の「速さ」「楽さ」の秘密

モーションキャプチャーで正面から競歩を捉えた瞬間です。

左の腰に体重がのり、右の腰が脱力されている瞬間です。

 

真ん中、赤い線は地面への「力の強さと方向」、つまり「地面を蹴っている向きと強さ」です

身体の中央に向けて、まっすぐに頭の辺りまで伸びています。

 

よくウォーキングの本で地面を強く蹴りましょう、をすれば、

右足のかかとはもう少し浮き上がっていなければなりませんが

キャプチャーをみるとそんな様子はありません。

しかも、このモーションキャプチャーは時速15㎞のスピードで撮影したものです。

 

普通のウォーキングよりも速いのに、地面は蹴らない、のです。

 

骨盤に体重が載るの、という動作で、骨盤に力が入ったままだと

キャプチャーのように左の腰の位置は上には上がりません。

つまり、地面に力を伝えるという「一番力が入る瞬間」でありながら

骨盤自体はリラックスをしている、ということなのです。

 

ここに、競歩の「速さ」・「楽さ」が集結しているのです。

Follow me!

関連記事

  1. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  2. ランで膝が痛くなる、という方へ ちゃんとウォーキングが出来てます…
  3. 雪でウォーキングは出来ない…という皆さんおススメのトレーニング
  4. 18年前の映像で振り返る 国際グランプリ競歩2位 2002年 ア…
  5. 山手線1周ウォーキングスタイル
  6. 寒さを味方につけて、ちょっと頑張ってみよう
  7. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  8. 「速さ」には、「楽」が必要
PAGE TOP
PAGE TOP