ブログ

2017年100キロウォーク全3レース分析③

80キロ以降での分析です。

11:35’55(2:41’48)  UWTT

11:50′(2:22′) つくば

13:16′(2:38′) 行橋

 

※80キロ以降はちゃんとしたデータが取れていないのと距離が違うので多少誤差がありますので正確ではありません

一番速いラップを刻んでいたUWTTが一番タイムが落ち込んでいますね…それを考えるとつくばで最初から記録を狙って歩いていたらUWTTよりも速かったかもしれません。

初挑戦でゴールすることだけしか考えられず気持ちが切れてしまったUWTT、2番手の選手と大して差が広がっていないことがあったのと、すれ違う選手が多いことで気持ちが切れなかったつくば、80キロから87キロまでは気持ちが切れ、87キロ地点の知り合いにトップ狙えますから頑張ってください!とげきを飛ばされ、その後集中出来た行橋~別府…

この結果を見る限り、80キロ以降は気持ちが切れるか切れないかでタイムが大きく変わってしまう、というのが分かりました。

80キロが近づいたらコーヒーなりチョコなりでリフレッシュして80キロ以降に備える…10時間切りのためにはそのエネルギー補給が鍵になりそうなのでエネルギー補給をもう少し試してみる必要がありそうです!

Follow me!

関連記事

  1. 日本中に競歩を知ってもらう旅 !人以外に出会った生き物
  2. 「今の課題」から1ヶ月が経ち…
  3. 雪上競歩のダメージ
  4. 100キロに向けて揃えたかったもの
  5. 日本中に競歩を知ってもらう旅⑪ 四国後半
  6. 2018年船久保杯
  7. 2018UWTTで学んだこと
  8. UWTT100kmウォーク 10km通過
PAGE TOP