ブログ

ウォーキング や 競歩でフォームをスムーズにするために、意識したいこと。

フォームのスムーズさを生むには

いくつか意識しなければならないことがあります。

簡単に説明すると、「次にやる動作を意識し続ける」です。

 

もっと言うと、

その瞬間におこなう動作は次の動作のための動きでなければいけません

そのことを意識しながら歩かないと、

フォームの1つ1つがバラバラになってしまいます。

 

分かりやすく言えば、「かかと着地」は、

かかとという小さい面で接地する事で

受け止める衝撃を小さくし

体重を載りやすくさせ、

つぎに行われる「蹴る動作」をやりやすくします。

脱力して肘を錘だと思い振り子のように腕を振ることで、

引いた肘が前に出しやすくなります。

 

その瞬間にやる動作は、次の動作のための動作。

これができれば、スムーズなフォームになるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 神様の与えた試練は、多くの人を救う希望の光も同時にもたらす。。。…
  2. 最近、飲みすぎなので、来週は自嘲します。。。
  3. 普及に想う
  4. 時差ボケは、まったくなし
  5. 日本選手権50㎞競歩輪島大会中止に想う、、、
  6. 皆さんと大きなチャレンジ 2019年! 明けましておめでとうござ…
  7. 1996年に伝えられたジョルディ氏による 競歩のためのドリルトレ…
  8. 1年半ぶり 九州に無事に上陸
PAGE TOP