BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング や 競歩でフォームをスムーズにするために、意識したいこと。

フォームのスムーズさを生むには

いくつか意識しなければならないことがあります。

簡単に説明すると、「次にやる動作を意識し続ける」です。

 

もっと言うと、

その瞬間におこなう動作は次の動作のための動きでなければいけません

そのことを意識しながら歩かないと、

フォームの1つ1つがバラバラになってしまいます。

 

分かりやすく言えば、「かかと着地」は、

かかとという小さい面で接地する事で

受け止める衝撃を小さくし

体重を載りやすくさせ、

つぎに行われる「蹴る動作」をやりやすくします。

脱力して肘を錘だと思い振り子のように腕を振ることで、

引いた肘が前に出しやすくなります。

 

その瞬間にやる動作は、次の動作のための動作。

これができれば、スムーズなフォームになるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. アスリートにとって一番必要な才能は「自分を信じる力」(2020年…
  2. 正しいトレーニング、間違ったトレーニングの見分け方
  3. 夜の都心をウォーキング!!
  4. 競歩をしたら凹む身体の部位とは? ZIPのメダルラッシュをより楽…
  5. 【忘備録】「入賞狙いの入賞」と「優勝狙いの入賞」の違い
  6. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  7. 出雲駅伝、中止に想う
  8. ウォーキング・競歩で 身体の使い方の感覚を合わせる、難しさと楽し…
<<
PAGE TOP