ブログ

競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと

どんなにトップアスリートでも、

フォームの感覚が「狂う」ということは起きます。

プロゴルファーがたった1日で何万回と繰り返したスイングなのに

ある日突然感覚がずれるような。

 

競歩の選手でも良く起こります。

そんなとき、どうやって修正するか?

 

基本的には、「ゆっくり」「脱力」「一歩に載る」

このことを意識しながら歩くことが必要です。

競歩でフォームが狂う時の大半の理由は「一歩に載れない」

つまり、体重が載って蹴れない、っということです。

 

長く競歩選手をしている方であれば分かると思いますが

体重が載っている感覚が無いと、進んでいる気がしません。

そうなると、スピードが出せる気がしません。

常に空回りしているような。。。

 

「ゆっくり」歩けば必然的に一歩に立っている時間が長くなります

「脱力」は、必ず体重を支持脚(立つ脚)に載らないと作れません

「一歩に載る」上記の脱力のために必ずしなければならないこと。

 

この3つを意識して、長く歩くことが重要です

 

Follow me!

関連記事

  1. アップダウンしかないコースでテン8(10㎞で時速8㎞歩く)を達成…
  2. 100㎞ウォークでも取り入れたい 「暑さ対策」とは?
  3. 上半身と下半身の連動のために!
  4. 東京エクストリームウォーク 装備&給水はどうしたか?  試し歩き…
  5. お尻歩きの効果効能とは?ZIPのメダルラッシュをより楽しんでみる…
  6. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  7. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
  8. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
PAGE TOP