BLOG

ウォーキングブログ

東京エクストリームウォーク11月 初めての距離だけどペースはゆっくり入るべきか?

「強度」と「時間」、運動による疲労はこの掛け算で決まります

「強度」と「時間」でどちらが大きく疲労に影響してくるか?

と聞かれれば、「時間」でしょう。

 

運動時間が長い、と運動強度が低くてもかなりの疲労が残ります。

 

ウォーキングしたこともない距離を歩くときは、ゆっくりなペースでウォーキングしたくなるものですが

あまり、気にせずに「自分のペース・自分のリズム」でウォーキングすることをお勧めします。

 

ウォーキングはランと違って、遅ければ遅いほど筋肉への負担が大きくなります。

くれぐれも慎重にならないように注意しましょう。

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング・競歩】長い距離ばかりトレーニングして、たまに短い…
  2. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  3. 走ってダッシュ、歩いてダッシュ、どっちが速く身体を動かせますか?…
  4. 元五輪競歩選手が教える ウォーキング 競歩 の技術 膝下を振出せ…
  5. つくば旅③(ゴールまで)
  6. 競歩式ラン講習会 in 神宮外苑 10月 2020年
  7. 純日本人?とは???
  8. 当時は、俺ってスゲー、っと思ってました
<<
PAGE TOP