ブログ

東京エクストリームウォーク11月 初めての距離だけどペースはゆっくり入るべきか?

「強度」と「時間」、運動による疲労はこの掛け算で決まります

「強度」と「時間」でどちらが大きく疲労に影響してくるか?

と聞かれれば、「時間」でしょう。

 

運動時間が長い、と運動強度が低くてもかなりの疲労が残ります。

 

ウォーキングしたこともない距離を歩くときは、ゆっくりなペースでウォーキングしたくなるものですが

あまり、気にせずに「自分のペース・自分のリズム」でウォーキングすることをお勧めします。

 

ウォーキングはランと違って、遅ければ遅いほど筋肉への負担が大きくなります。

くれぐれも慎重にならないように注意しましょう。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩をしたら凹む身体の部位とは? ZIPのメダルラッシュをより楽…
  2. 日本中に競歩を知ってもらう旅⑨ 島根までの旅
  3. つま先を上げる と かかと着地の違い
  4. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
  5. 歩けなくなったこと、ありますか?
  6. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
  7. 行橋~別府エネルギー補給
  8. 「速く歩く」ということは、健康にとってとても大切
PAGE TOP