ブログ

#東京エクストリームウォーク100 16-17時間台で完歩した3名のデータから、完歩・より速くゴールする、ヒントを見つけよう

東京エクストリームウォーク100で完歩された
3名の方のデータを分析してみました

20代女性・50代男性・60代男性
皆さん、16時間~17時間10分で歩き切りました。

速くある方の、データを見ることで

完歩できなかった方はにも
もっと速く歩きたかった方にも
同じぐらいで歩いた方にも

どんなトレーニングをすれば良いのか?
何を気をつけて歩けば良いのか?
ということが見えてきて
それぞれの目標達成への近道が見えてきます

 

この3名に共通して言えるのは、

歩いていない時間=概ね120分~140分くらい

つまり、目標とするタイムがあるのであれば、そこから2時間近く
速いペースで歩く必要がある、ということです。

20時間を切りたい!っと思うのであれば
18時間で歩き切るスピードが必要です
時速5.56㎞(10’48/㎞)
これは、おそらく多くの方にとってはそこまで速いスピードではないと思います。

上記のうち2名の心拍数を確認すると
20代女性は平均心拍数151
50代男性は平均心拍数143
という心拍数で100㎞を歩き切りました。
20代女性は、若い(笑)ということこもそうですが
高い心拍数で歩き切っています

50代男性は平均心拍数143はこれぐらいがちょうど良い心拍数
というイメージです。

100㎞でのそれぞれの最大心拍数を、この平均心拍数の何%か見てみると
あくまでも100㎞中の最大心拍数から見ると
20代女性は、85%
50代男性は、82%
二人とも意外に高めの心拍数で歩いているのが分かります。

確かに2名とも移動ペースとしては
20代女性8’39/㎞(時速6.9㎞)
50代男性8’55/km(時速6.7㎞)
やや速めのペースでしたので、高め心拍数も理解できます。

距離が長いから、っと慎重に歩くと反って疲れやすくなります。自分のペースでリズムよく歩く、が大切です

ですが、ペースが速いとエネルギー枯渇も早くなるので
しっかりとエネルギー補給を早め早めにしていく必要があります

歩くペース、という部分で3人を比較すると、

50代男性は30㎞までは、ゴールしたタイムの1㎞平均ラップより12%速いペースで前半は入りました。
その後、後半はペースのバラツキがあり、平均より速くなったり遅くなったりしてます
ペースの差が大きく安定しなかった分、後半疲れてしまった印象です

60代男性は、20㎞まで完歩の1㎞平均ラップより9%速いペースでした
以降はペースが落ち付き、大きなペース変動もなく、最後10㎞はややペースが落ちゴール

女性は、20㎞まで完歩の1㎞平均ラップより5-6%くらい速いペースでしたが
20㎞以降も安定し、60-65kmで平均ペースより18%落ちましたが
それ以外は平均ペースで歩き、ほとんど大きなペースの変動はありませんでした。

ただ、男性も女性も、大きなペース落ちの時は
トイレなどの大きな少し長めの休憩や、着替えなどの理由があったと思います

※ペースはコースに大きく影響しますので参考程度にしてください

男性2名は、しっかりとトレーニングをしていました。
足が痛む部分はありましたが、フォームを上手く修正して
当日は仮に痛んだとしても上手く対処できたようです

極端なペース落ちが無かったというのも、この3名が早いタイムでゴールできた要因でしょう

どうしても、疲れてノロノロ歩きになってしまった方も
多かったのではないかと思います。
そうなると心拍数は極端に下がってくるのですが、
50代男性は103という心拍数はありましたが、100を切ることは無く
20代女性にいたっては130を切ることはありませんでした。

心拍数の最大と最小に差が少ないのも、スタミナを持たせた大きな要因になったと思います。

ウォーキングフォームに大きな欠陥がないので

どこかを痛めることもなく、痛めそうになっても修正できるというのは

100㎞ウォークでストレスを小さくする大きな要因です。

だからこそこの3名もタイムだけを意識して歩けたという部分があったと思います

 

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

脚が悪くてうまく歩けない、ウォーキングから健康作りをしたい、

いきなりランニングがハードルが高い!

膝が痛くて走れないけど、ウォーキングだけだと物足りない!、という方も

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#東京エクストリームウォーク100 #100㎞ウォーク #100㎞ウォーキング #厚底シューズ #ウォーキング #厚底シューズでウォーキング #ファストウォーキング #ストライド #歩幅を作る #時速7㎞ウォーキング #競歩 #ランニング #早歩き #体幹トレーニング #膝痛 #パーソナルウォーキング #ウォーキングトレーナー #サブ4 #サブ5 #歩いてランを抜く #テン6 #UWTT #ウォーキングコーチ #パーソナルトレーナー #膝が痛い #膝痛 #代々木公園

Follow me!

関連記事

  1. 【健康ウォーキング】の効果を上げる、シンプルな方法とは?
  2. 寒い時期、身体を温めることは重要ですが、筋肉より先に温めたい場所…
  3. ウォーキングと競歩②
  4. ウォーキングをレベルアップさせる「ビルドアップ」トレーニング
  5. 60分の#ウォーキング #脂肪は何g減るか?
  6. 大会後、なかなか疲労が抜けない、、、という方へ
  7. 東京エクストリームウォーク100㎞ 完歩おめでとうございます!2…
  8. 歩いて【マラソンのサブ6】を狙う、ウォーキングトレーニングの〈第…
PAGE TOP
PAGE TOP