ブログ

ダイエットにはウォーキングよりも「お手軽競歩」の方が効果的

ウォーキングでは痩せるのは大変ですが、競歩で痩せるのは容易です。

ウォーキングだと、一般的な定義の範疇だと60分で180kcal

競歩だと、その倍の400kcal近く

 

なぜ、カロリー差がでるのかというと「スピード!」

スピードが速くなるので、必然的に消費カロリーは上がります。

初心者の方は、競歩のフォームを意識するだけでも

なんとなくスピードは上がります。

きっちりと「競歩」ができなくても、「お手軽な競歩」

でも、充分です。

 

やり方としては、

〇肘を曲げて腕を振る

〇お尻も足だと思ってウェストを捻りながら歩く

これだけで、充分です。

 

やってみると分かりますが、

腕を曲げて振っただけでもスピードは上がります。

二の腕を意識して腕を振れれば、二の腕のシェイプも期待できるでしょう

そこにウェストを捻るようにして歩けば、体幹周りの筋肉を使うので

ウェストのくびれも期待でき、お尻も使うのでヒップアップにもつながります。

 

二の腕が細くなり、お尻が上がり、ウェストがくびれる、ぜひ「お手軽競歩」で

歩いてみて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 2017年100キロウォーク全3レース分析①
  2. フォームの左右差を無くすコツ
  3. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
  4. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  5. ウォーキング どうしても速く歩こうとして力が入る
  6. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  7. 九州の皆様、ありがとうございました
  8. ヒールストライク??かっこいい言葉に惑わされず、スポーツを学ぶ3…
PAGE TOP