ブログ

ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性

肘を引くことで、体幹の捻転は大きくなります。

その前提の立つのが、「骨盤をしっかり立てて、その上に上体が載っている」

ということです。

 

それが出来ていないと、いくら肘を後ろに引いても

骨盤の回旋は大きくなりません。

 

トレーニングでアドバイスをするとき、

アドバイスをする言葉の順番には気を使います。

つまり上記の通りだと、姿勢が作れていない方に

いくら肘を引いてください、とお願いしても骨盤の回転は生まれません

生まれたとしても小さく力任せになります。

 

しっかりと、姿勢が出来てから、肘を引く、という順番で

アドバイスをしないと、「難しい」「できない」「実感がわかない」

となります。

 

つまり、肘を引いても骨盤が動いていない、と感じる場合は

前段階の姿勢が作れていない、という事なのです。

そんなことを意識しながら、ウォーキング・競歩のトレーニングをしてもらえればと思います。

 

近道はありません。1つ1つの動作を積み上げていく!

なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  2. パーキンソン病でもウォーキング 目標達成への道のり
  3. 4年ぶりの大雪で開店休業中
  4. ウォーキング や 競歩 足を前に出す動作で間違いがちなこと
  5. 37度の東京から雨のロンドン 世界陸上ロンドン2017 解説日記…
  6. ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!
  7. スピードアップのために「足は前に出さない!」っとパーソナルトレー…
  8. 歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう…
PAGE TOP