ブログ

金づちの話のつづき

皆さんも聞いたことがあると思います

よくピッチャーが

「手だけで投げてしまった」

よくゴルフ選手が

「手打ちになってしまった」

という反省コメントで使うのを・・・

どちらも手を当たり前に使うのですが、手を使うことに

反省をするコメントです

彼らは知っているんです

身体の先にあるもの

例えば「手」、例えば「足」

それを上手に使うためには身体の中心から使わなければ

上手に使えないことを

では、身体の中心とは何処でしょう

それは身体の奥にある体幹深部筋です

いわゆるインナーマッスルです

骨盤の周りの筋肉群がそれにあたります

だから、身体の中心を使うということは骨盤を使うということです

それは大きく動くとかというものではありません

あくまでもそこから身体が動くという感覚です

これはスポーツ選手だけが持つべき感覚ではありません

普通の人でも意識を持つことによって充分鍛えられる

感覚なのです

骨盤、使って歩いてますか

ただ、骨盤を動かすだけになっていませんか?

Follow me!

関連記事

  1. リラックスして歩く
  2. 100㎞ウォーク 競技として練習メニューを考える。
  3. ランニングとウォーキングの違いからのシューズ 選び
  4. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅①
  5. 9月のウォーキングで気を付けたいこと
  6. マメぐらいできます・・・
  7. ウォーキングと競歩②
  8. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 スタート前編
PAGE TOP