ブログ

コンプレッションタイツ 2XUについて

AISに1年間、勤務していたので

AISの公認ウェアの2XUを購入し着用しました。

img_6564

そもそもコンプレッションタイツとは?

着用しているだけで、

○血流促進による疲労軽減

○着圧によるケガの予防

○着圧のサポートによるパフォーマンスの向上

この3点が挙げられます。

下記を参照ください。
http://www.2xu.jp/human.html

では、実際に履いてみてどうか?

☆疲労の軽減

正直、あまり感じません。個人的にピタッとしたものを長時間着ているのが苦手

というのが大きな理由ですが(笑)

ただ、オーストラリアの五輪選手は移動の時は、必ず履いて移動してます。

着圧による血流促進がエコノミー症候群を防ぐ目的です。

血流促進は効果がありそうですね

☆着圧によるケガの予防

ケガの予防になるまでの、着圧とは正直思えません。

ケガ予防の着圧となるとテーピングと同じぐらいの強さが必要です。

テーピングをしたことのある人は理解できると思いますが、結構な着圧です。

それを着ただけで得る、というのは正直無理はあるかなぁっと。

もしそれだけの着圧があれば、動きにくいと思いますし・・・

☆着圧のサポートによるパフォーマンスの向上

個人的には動きの軽さは履くと感じます。

ですが、パフォーマンスに大きな影響があるとは思ってません。

もし、本当にパフォーマンスに影響があるのであれば、五輪で陸上競技の選手が

履いて試合に出ます。

しかし、全ての選手が履いてません。

短距離の選手はけっこう来ている人はいます。

ただ、長距離系ではまだまだ少数派です。

けっこう、辛口にコンプレッションタイツを評価していますが、

それはアスリートレベルのパフォーマンスに影響を与えるまでは至ってない

というだけで、一般のスポーツ愛好家れべるであれば

充分に機能はすると思います。

それは、コンプレッションタイツをアスリートレベルにまで高めてしまうと

一般の人には着こなせないものになってしまうからです。

そんなもの、マーケティング的に考えると売れる訳がありません(笑)

だって、圧倒的に一般ユーザーの方が、層が厚く広く購買が見込める訳ですから。

ですから、今回の意見はあくまでも参考までにとどめておいてください

Follow me!

関連記事

  1. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  2. 【レポート】 大阪 ウォーキング講習会
  3. アンケートにみる ウォーキングがレベルアップしたと感じる要因
  4. ダラダラ、ウォーキングはもったいない
  5. 100㎞ウォーク 練習メニュー(最終回:まとめ)
  6. 速さに挑戦!テン6ウォーキング!!
  7. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  8. トップアスリートと一般的なアスリートの違い
PAGE TOP