ブログ

現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序章③】

五輪が商業化による肥大化が、様々な課題や格差を生んでいく。

冬季・夏季もそうですが、競技間での格差や競争を生んでいくということが、

五輪の肥大化には孕んでいます。

「五輪の実施競技はIOCのプログラム委員会が競技の実施状況をチェック。

世界的普及度やテレビ放送の注目度、スポンサー収入など39項目を分析し、

報告書にして上にあげる。それを元に理事会が選定をする」
貼り付け元

つまり、IOCはマーケティングの専門家を招聘し、

赤字となるイベントで、どの種目がより利益を生む競技で

利益を生まない競技がなんなのか?もしくは、なぜ利益を生まない理由は何か?

という観点で競技種目が判断されます。

競技別の入場者数・各国の視聴率、そして競技団体へのサイトへのアクセス数など、

多角的にマーケティングの専門家がビジネスとしてスポーツを判断する、

という作業がされます。

結果としてスリングが夏季五輪から外れるのでは?

というニュースが出たことで顕在化し、世界を驚かせました。

http://diamond.jp/articles/-/32138

http://matome.naver.jp/odai/2137865658024248001

ここで大事なポイントは、

大多数の五輪の観客は、現地で観戦をしている人ではなく、

ネットやTVの向こう側にいる、ということです。

そしてネット・TVにはCMを流すことができるのです。

商業化の流れの中で、現地の観客か、ネット・TVでの観客か、

どちらを戦略的に重要視するのか?という話になれば、

当然、ネット・TVの観客に比重は大きくなります。

そうなると、五輪の競技種目はネット・TVでのわかりやすさ、

試合の視聴時間がTVにって適切か、という事が大きく影響してきます。

ルールもTV視聴向けに変わっていきます。

ブルー柔道着の導入・レスリングのルール改正・野球の7回制など

五輪スポーツは、TV観戦に適合したルールとして変更が

求められている時代になっているということなのです。

現代五輪はメディアと密接なつながりがあります。

それが大きな収入となり肥大化する五輪を支えているからです。

メディアが発信しやすい状態になるようスポーツのルールが変遷していく訳です。

乱暴な話になるかもしれませんが、

もしメディアのためにスポーツのルールが変わるのが嫌なのであれば、

競技団体として五輪から外れるという選択をする、という事なのです。

もし、外れないにしてもIOCがレスリングのように変更を求め、

最悪の結果として、除外される可能性もあるということです。

Follow me!

関連記事

  1. レポート 前回の 砧公園 ウォーキング講習会
  2. 地面は強く蹴らなくても歩幅は作れる
  3. 100㎞ウォーキングは、質?量?
  4. 海の公園 講習会終了!!
  5. 100kmウォーキングを食べる⑦ どうカロリー補給をするか?その…
  6. 100kmウォーキングを食べる⑨ とりあえず、最終回
  7. 再々々放送 ウォーカーズ =歩くことはスポーツだ=
  8. 横浜 ウォーキング&競歩講習会は、どんなことするのか?
PAGE TOP