ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ウェーブ歩】

ウェーブ歩
距離歩とイメージとしては似ていますが、
ペースを決められた距離ごとに上げ下げする練習です。
「スタミナ」「ペースの切り替え」
が鍛えられる練習です。

例えば20㎞を歩くという練習をするときに、
5㎞づつ区切り、5㎞毎にペースを変える、という練習です。

まずは最初の5㎞は散歩程度、次の5㎞はリズムよく時速6㎞以上まで
また、散歩程度のスピードに戻し、最後の5㎞は再び時速6㎞以上

という感じです。

スピードを変えることで、筋肉に刺激を加えスタミナ強化をしていきます。
「インターバル速歩」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんんが、
それと同じようなイメージです。

スピードを変える距離の幅やスピードの差を、
自分の弱点に合わせて変える、というのも上手なウェーブ歩のやり方です。

いろいろと、試してみるのが良いでしょう。

Follow me!

関連記事

  1. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  2. まったくの初心者歓迎 競歩講習会
  3. 横浜 ウォーキング&競歩講習会は、どんなことするのか?
  4. 自分の歩幅を知ることの重要性
  5. リオ五輪 競歩総括解説
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期から仕上げ期
  7. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  8. 1㎞を 3分55秒(時速15㎞)で歩くために。
PAGE TOP