ブログ

3日間 150㎞のダメージ

長距離系の選手は、貧血になりやすいです。

トレーニング時間が長くなるのもありますが、

赤血球が壊れてしまうのも一因、と言われています。

どういうことかという、

地面を踏む回数が多くなるため、足の裏に流れる血液を

踏む回数も、多くなります。

踏んだ時に、赤血球が壊れてしまう、という事が起きるのです。

そのほかにも、CK(クレアチンキナーゼ)の数値も悪くなります。

この数値は運動して、筋肉に炎症が起きる、病気で発熱すると

悪くなる数値です。

つまり、過度な運動は血液としてみれば、発熱と同じ病気となります。

数値の変化もそうですが、疲労は免疫力の低下をもたらします。

さて、先日、3日間でほぼ150㎞歩いたスタッフ樋熊

今は免疫力の低下で、口の周りヘルペスが出て

疲労からの倦怠感が激しいとか・・・

この状態から脱するには、

栄養と睡眠と休養

これが大事になります。

さて、どれぐらいでスタッフ樋熊は元気になるでしょう・・・

Follow me!

関連記事

  1. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ その2
  2. テン6ウォーキングが教えてくれること
  3. 感情的にはまったく変わらない ナショナルチーム合宿で、想いを馳せ…
  4. 正しいフォームを習得するための思考②
  5. 速さ 地面と足との距離の重要性
  6. 歩く技術 全てはつながって、最後はかかと着地
  7. 100㎞ウォーキングは、質?量?
  8. ダラダラ、ウォーキングはもったいない
PAGE TOP