ブログ

回復(リカバリー)を考える ①

ある程度、運動すると身体は当然、疲れます。
身体だけではなく、メンタルも疲労します。

回復(リカバリー)をさせる

というのは、
トレーニングをしている人も
日常生活で忙しくしている人も
必要な知識だと思います。

運動自体は疲労をさせたり、逆に回復させたりします。

だからこそ、やり方を間違えると
逆効果を起こす可能性もあるのです。

そして、リカバリーの方法は画一的に当てはめるのは
難しい側面があります。

性差・体力差・運動歴、運動をしている目的、などなど。

それで一律に同じ方法が当てはまらない、という難しさもあります。

とはいえ、

トレーニングしている人も、仕事を忙しくしている人も
現代社会において、「回復」させる
ということは、大事な要素です。

疲労と回復のバランスを、どうとれば良いのか?
どういう方法が効果的なのか?

ブログで書いていきたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングの視点を広げる大切さ
  2. 100kmウォーキングを食べる⑤ どうカロリー補給をするか?その…
  3. 一歩にしっかり重心を載せる
  4. ウォーキングで頼るべきは、ストライド(歩幅)か? ピッチ(回転数…
  5. 回復(リカバリー)を考える ⑥ たんぱく質の摂取 その2
  6. スポーツの「気合」「根性」
  7. 東京五輪@札幌 競歩コースを予測する
  8. 競歩でゴールしたから、自分のフォームが良いフォームだと思うのは誤…
PAGE TOP