ブログ

カーボローディング、やったことはありますか?

選手の頃、試合前は必ずやってました。

そもそも、カーボローディングとは

体内にグリコーゲンを大量に蓄積させて、

スタミナを強化するという、昔からある調整期の食事方法です。

ウィキペディア カーボローディング←クリック

 

持久系の種目の選手であれば、聞いたことはやったことのある選手は多いはずです。

 

理屈とすれば、

身体の中のグリコーゲンを枯渇させることにより、

身体がグリコーゲンを欲するようになります。

その状態で、身体にグリコーゲンを与えると、

身体は今度はいつグリコーゲンが入ってくるかわからないので

いつも以上に身体にグリコーゲンを溜める、ように働きます。

試合直前にグリコーゲンが体内にたくさんある状態を作ることが出来

スタミナ切れが起こりにくい

だから、持久系の選手は試合直前は多くの選手がこの調整方法をします。

 

いろんなやり方がありますが、

 

私がやっていたのは、

試合1週間前になったら

練習量を極端に落とし、炭水化物を絶ちます。

そして、試合前日に朝昼晩と大量の炭水化物を摂取する

という方法です。

 

 

炭水化物を摂るのは試合3日前でも良い、とか

完全に炭水化物を止めるのはよくない、とか

さまざま、言われています。

 

まぁ、ここはいろいろと試して

自分に合った方法を探してみるのが良いと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 【レポート】 大阪 ウォーキング講習会
  2. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  3. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  4. 現代 五輪論⑤
  5. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
  6. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  7. 歩いて、坂ダッシュ
  8. 速くなる為に 必要な思考
PAGE TOP