ブログ

五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・前編

東京五輪が2020年に開催にむけて

その先の世代にレガシー(遺産)を残す、という言葉が

便利に使われている気がします。

 

 

我々は、レガシー(遺産)とは何かを、本当は知っているはずなのですが

なんだか気が付いていないようで・・・

それとも忘れてしまったのか?

 

では、実際にレガシー(遺産)とは何を指すのか?

その答えは分からなくとも、ヒントを見つけるために

世田谷区をウォーキングしまくりました(笑)

 

1964年に東京五輪は開催されています。

その時から今に残っているものこそ

レガシー(遺産)でしょう!!!

 

だからこそヒントがあるのです。

個人的には、五輪を運営する関係者の皆さんは

いろいろと開催地とかも決まっていますが、

そんなことを関係なく、歴史に学ぶべく

 

1964年の東京五輪が残したレガシー(遺産)を周って

頂ければいいなぁ、っと思っています。

おそらく、実際に周った方もいるでしょう

 

世田谷区は実は多くの東京五輪のレガシーが残っています。

「駒沢オリンピック公園」

「馬事公苑」

「大蔵運動公園」

そこには、1964年東京五輪レガシーがちゃんと残っていました

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 競歩競技に求められる「体力的要素」
  2. 【レポート②】テン6ウォーキングin駒沢公園
  3. 歩くことはスポーツだ!
  4. 100㎞、もっと速くなれる!要素 競技者視点で考察
  5. 楽に 速く ウォーキングするために テン6対策④ 時速8㎞への壁…
  6. 正しいフォームを習得するために必要な思考①
  7. 歩くことはスポーツだ!②
  8. 五輪競歩 金メダリストに「コロナ禍がレースに与える影響」について…
PAGE TOP
PAGE TOP