ブログ

五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・前編

東京五輪が2020年に開催にむけて

その先の世代にレガシー(遺産)を残す、という言葉が

便利に使われている気がします。

 

 

我々は、レガシー(遺産)とは何かを、本当は知っているはずなのですが

なんだか気が付いていないようで・・・

それとも忘れてしまったのか?

 

では、実際にレガシー(遺産)とは何を指すのか?

その答えは分からなくとも、ヒントを見つけるために

世田谷区をウォーキングしまくりました(笑)

 

1964年に東京五輪は開催されています。

その時から今に残っているものこそ

レガシー(遺産)でしょう!!!

 

だからこそヒントがあるのです。

個人的には、五輪を運営する関係者の皆さんは

いろいろと開催地とかも決まっていますが、

そんなことを関係なく、歴史に学ぶべく

 

1964年の東京五輪が残したレガシー(遺産)を周って

頂ければいいなぁ、っと思っています。

おそらく、実際に周った方もいるでしょう

 

世田谷区は実は多くの東京五輪のレガシーが残っています。

「駒沢オリンピック公園」

「馬事公苑」

「大蔵運動公園」

そこには、1964年東京五輪レガシーがちゃんと残っていました

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪メダルへの現実味 女子10年ぶりの日本最高&男子は1時間…
  2. 感情的にはまったく変わらない ナショナルチーム合宿で、想いを馳せ…
  3. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
  4. ウォーキングと大腿四頭筋
  5. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
  6. 初心者の競歩選手を悩ます、脛の張り
  7. 東京五輪 競歩代表の記事から読み解く、メダルの可能性
  8. 報道されないなら、どうすれば良いのか考える
PAGE TOP
PAGE TOP