ブログ

五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・前編

東京五輪が2020年に開催にむけて

その先の世代にレガシー(遺産)を残す、という言葉が

便利に使われている気がします。

 

 

我々は、レガシー(遺産)とは何かを、本当は知っているはずなのですが

なんだか気が付いていないようで・・・

それとも忘れてしまったのか?

 

では、実際にレガシー(遺産)とは何を指すのか?

その答えは分からなくとも、ヒントを見つけるために

世田谷区をウォーキングしまくりました(笑)

 

1964年に東京五輪は開催されています。

その時から今に残っているものこそ

レガシー(遺産)でしょう!!!

 

だからこそヒントがあるのです。

個人的には、五輪を運営する関係者の皆さんは

いろいろと開催地とかも決まっていますが、

そんなことを関係なく、歴史に学ぶべく

 

1964年の東京五輪が残したレガシー(遺産)を周って

頂ければいいなぁ、っと思っています。

おそらく、実際に周った方もいるでしょう

 

世田谷区は実は多くの東京五輪のレガシーが残っています。

「駒沢オリンピック公園」

「馬事公苑」

「大蔵運動公園」

そこには、1964年東京五輪レガシーがちゃんと残っていました

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 最後の仕上げ【調整期】②
  2. 世界陸上ドーハ大会 自分の肩書は自分の力でしか更新できない 男子…
  3. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
  4. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【時間がない…
  5. 世界陸上ドーハ大会 一番強いのは自分だという強い気持ち 高橋英樹…
  6. 世界陸上ドーハ大会 競歩史上初 女子20km競歩W入賞 金メダル…
  7. 中国で100kmを想う
  8. 2017年は・・・、皆さんに楽しんで喜んでもらうべく
PAGE TOP
PAGE TOP