ブログ

競歩 の 歩き方 ②

踏み込んだ内容は、

【競歩】練習メニュー=初心者=

に、記載があるので、読まれている方も多いと思います。

 

上記ページを細くする形で、書きたいと思います。

 

腕振りは最初から曲げる必要はありません。

むしろランニングに慣れてしまっている方や、ウォーキング初心者の人は

身体を大きく使う、ということに慣れていないので、

まずは腕を伸ばして、大きく腕を振り、身体全体を使って歩くこと

 

このことから、始めた方が上手に競歩っぽく歩くという事が出来ます。

そこに慣れてから肘を曲げて、歩くにシフトチェンジした方が良いと思います。

 

講習会開催してます!→こちらをクリック

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 講習会in代々木公園(チャリティー) 2019年11月
  2. ランをされている方が競歩に挑戦しようと思うときに「ウォーキング」…
  3. 速く歩く、ために「上下動を無くす」ということがどれぐらい大切か?…
  4. WEB講習会 6月開催 2日目の本講習を終えて移動中
  5. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  6. 腕振りが生み出すもの 競歩のモーションキャプチャーからわかる事①…
  7. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ…
  8. プロ(実業団選手)と一般ウォーカー・ランナーとの差を生むもの
PAGE TOP
PAGE TOP