ブログ

競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!

「休め!」の姿勢には、骨盤の使い方の極意があります。

 

立っている状態で、片方の足に体重を膝を伸ばして載せると

反対側の足はリラックスされ、膝が曲がり前に出ます。

体重の載っている足は、身体を前に押し出すと言う動作をし

リラックスされる足は、前に振り出されると言う動作になりますます

ですから、この「休め!」の動作は競歩の骨盤の使い方をする上で

重要な起点となります。

 

文章で書けば、理解は出来ますが

実際に動作でやるとなると、非常に難しいです。

 

それでも敢えて、文章のまま突き進むと(笑)

一歩一歩、「休め!」の姿勢をしながら進む

と言う事なのです。

一歩一歩、「休め!」の姿勢をするので、「楽」が産まれてきます。

骨盤が一歩毎に、上下に動く感じがすれば、正解です。

 

ぜひ、チャレンジしてみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. 速くウォーキングするための、絶対条件
  2. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
  3. 自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つの…
  4. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
  5. 10㎞ウォーク 55分18秒で歩く(競歩)  Garminデータ…
  6. 10㎞をウォーク、速く歩くためにバリエーションをつけて歩く その…
  7. 理学療法士の皆さんに「骨盤で歩く」を伝えたら。。。
  8. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
PAGE TOP
PAGE TOP