ブログ

競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!

「休め!」の姿勢には、骨盤の使い方の極意があります。

 

立っている状態で、片方の足に体重を膝を伸ばして載せると

反対側の足はリラックスされ、膝が曲がり前に出ます。

体重の載っている足は、身体を前に押し出すと言う動作をし

リラックスされる足は、前に振り出されると言う動作になりますます

ですから、この「休め!」の動作は競歩の骨盤の使い方をする上で

重要な起点となります。

 

文章で書けば、理解は出来ますが

実際に動作でやるとなると、非常に難しいです。

 

それでも敢えて、文章のまま突き進むと(笑)

一歩一歩、「休め!」の姿勢をしながら進む

と言う事なのです。

一歩一歩、「休め!」の姿勢をするので、「楽」が産まれてきます。

骨盤が一歩毎に、上下に動く感じがすれば、正解です。

 

ぜひ、チャレンジしてみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. ”速く歩こうと思ったら、足の存在を忘れてました”変形膝関節症の方…
  2. 時速11㎞で歩いても痛みが出ない理由
  3. ウォーキング・競歩、上級者がさらにレベルアップするのに必要なこと…
  4. 【レポート】初心者競歩講習会in代々木公園 2017年5月
  5. 【レポート】 大阪 ウォーキング講習会
  6. ウォーキング 膝下を振り出す着地、膝下を振り下ろす着地
  7. 運動は苦手だけど、東京五輪を見て「歩く競技」の【競歩】ならできる…
  8. 100kmウォークでマメが出来て足が痛くなった時、どうする?
PAGE TOP
PAGE TOP