ブログ

行橋~別府100キロウォーク分析③

七曲峠からゴールまでの約20キロを分析します。

七曲峠の上り坂で電池切れでタイムは見れなかったのですが、データは取ってくれていたみたいで87キロまではデータが残っていました。

7’24-7’20-7’26-7’39-8’01-7’51-7’52(87キロ 11:32’15)

ここの区間のデータは電池がなかったので、もしかしたら正確ではないかもしれません。

そして大会の正式なデータより87.3キロから100.7のタイムは1時間36分でした。平均すると7分10秒くらいです。

七曲峠の上り下りで心が折れたので、たぶんこのデータよりもう少し遅かったと思います。ただ、第3チェックポイント(87キロ)からゴールまではかなり頑張ったので、もう少し速いつもりだったのですが…まあ感覚ですからね。暗くて疲れていると特にその感覚は狂います。

 

今年の100キロはこの行橋~別府100キロで終わりです。UWTTとつくばの分析もして、どこをどうすればタイムが短縮出来るのか、もう少し振り返っていきたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. ごせん紅葉マラソン
  2. 100kmウォークでのゴールの近づけ方 糸島110kmの参加者か…
  3. UWTT分析②
  4. 最近のトレーニングは
  5. 河岸段丘ウォーク
  6. 次回100kmに向けて
  7. 全日本マスターズ陸上
  8. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
PAGE TOP