ブログ

初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説

速くウォーキングできているポイントは

〇肘を意識した腕振り

〇長く後ろに踏み出せている

〇骨盤が動いている

上記の3点です。

肘を意識した腕振りが速い回転数(ピッチ)を生んでいます。

リズムよく腕が振れていて肩に力も入っていないので、この腕振りができればなかなかペースは落ちません

長く後ろに踏み出せているので、脚が粘るようなリズムになっています。

おそらくウォーキングを習っていない方がこの方と歩幅を合わせてウォーキングをしようとすると

うまくリズムを合わせられないと思います。

この長く後ろに踏み出すことが歩幅(ストライド)を作り、スピードを生んでいます。

横からの動画でも、動画終盤後ろに周り、後ろ姿でも骨盤が揺れるように動いているのが分かります。

骨盤が上半身と下半身のジョイント部分として連動をつなげ

腰が脚をスムーズに前後に運んでくれています。

 

もちろん、フォームの改良点はまだまだあります。

かかと着地が甘い(つま先の上りが小さい)ので、重心を着地した足がブレーキを掛け気味になっています。

少し腰が引け気味なところも気になります。

 

このフォームは競歩?と聞かれれば、競歩の技術を使っているので

競歩っぽいですが競歩ではありません。

その一番の理由は、着地の瞬間の「膝」です。

競歩のルールでは、「接地している足の膝は垂直になるまで、伸ばさなければいけない」

というルールがあります。そうなるとこのフォームだと着地の瞬間の膝が甘い(やや曲がり気味)

なので、競歩だ!とまでは言えません

ただ、ウォーキングで時速8㎞までくるには競歩の技術が上手く使えないと、一瞬くらいは時速8㎞でウォーキングできても

長くはもたないでしょう。

 

そして、とても大切なのはダメージが無いこと。

この方は動画の表題にもあるように、「変形膝関節症」です。

つまり膝への負担はウォーキングといえども極力避けたい、

この時速8㎞でウォーキングした次の日にメールを頂きましたが

「膝や筋肉への痛みや疲労は、まったくありませんでした」とのことでした。

 

このことが、大切なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 五輪に出場した選手が、帰国して一番最初に想う事
  2. 骨盤で衝撃を吸収し身体を「くの字」に曲げる、「勝利の条件」で紹介…
  3. 片麻痺 ウォーキング 皇居1周リレーウォークを挑戦してみませんか…
  4. 今年読まれたblog記事第1位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  5. ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと
  6. 競歩ドリル 上級編 重心を載せて、脱力脚を振り出す
  7. 第2弾 RaceWalk動画を作成しました!
  8. 40代 女性 前十字靭帯断裂 変形性膝関節症もトライアスロン完走…
PAGE TOP
PAGE TOP