ブログ

2018UWTTで学んだこと

UWTTスタッフとして学んだこと。

今回は先頭のIさんがスタートからハイペースで飛ばし、それにつられて皆さんオーバーペース気味になっていました。しかも序盤は風が強く歩きづらい状況…

なので皆さん中盤はそれがたたりペースが落ちていて、これはズルズルペースが落ちてしまうのか…と思ったのですが、中盤以降はそれほどペースが落ちることなく皆さん歩かれていました。

歩きを見ていて感じたのは、先頭のIさんはオーバーペースだったこともあり中盤から後半にかけて動きが崩れてしまったのですが、他の方は多少ピッチが狭くなりストライドが伸びなくなったというのはありますが、動きは変わらずに歩いていました。

オーバーペースで入ってしまっても焦らずに中盤以降動きを崩さずに歩けば良い結果につながる。大切なことを思い出させられるレースを見れました。

Follow me!

関連記事

  1. 100km トップゴール! 2019UWTT
  2. UWTT分析①
  3. ウォーキングや競歩で、気を付けて下さい。歩幅の長さ=地面を蹴り続…
  4. ウォークで速く歩くために!前回のエラーの修正にトライ 19㎞を時…
  5. 日本中に競歩を知ってもらう旅 番外編 行橋別府100kmウォーク…
  6. 参加してみたい100キロウォーク大会②
  7. 東京エクストリームウォークでトップを歩くと絶対に道に迷わない理由…
  8. UWTT(100kmタイムトライアル)に、ぜひ挑戦して欲しい皆さ…
PAGE TOP
PAGE TOP