ブログ

2018UWTTで学んだこと

UWTTスタッフとして学んだこと。

今回は先頭のIさんがスタートからハイペースで飛ばし、それにつられて皆さんオーバーペース気味になっていました。しかも序盤は風が強く歩きづらい状況…

なので皆さん中盤はそれがたたりペースが落ちていて、これはズルズルペースが落ちてしまうのか…と思ったのですが、中盤以降はそれほどペースが落ちることなく皆さん歩かれていました。

歩きを見ていて感じたのは、先頭のIさんはオーバーペースだったこともあり中盤から後半にかけて動きが崩れてしまったのですが、他の方は多少ピッチが狭くなりストライドが伸びなくなったというのはありますが、動きは変わらずに歩いていました。

オーバーペースで入ってしまっても焦らずに中盤以降動きを崩さずに歩けば良い結果につながる。大切なことを思い出させられるレースを見れました。

Follow me!

関連記事

  1. 2019UWTTスタート!先頭は5km通過!
  2. 全日本マスターズ陸上結果
  3. 行橋~別府100キロウォーク分析③
  4. 日本中に競歩を知ってもらう旅 番外編①
  5. 東京エクストリームウォーク 17時間台で歩かれた方からのお礼メー…
  6. 雪上競歩のダメージ
  7. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
  8. 東京エクストリームウォーク11月 初めての距離だけどペースはゆっ…
PAGE TOP
PAGE TOP