ブログ

今日のつぶやき。。。 スポーツの社会還元

上期の100㎞ウォークが盛況の時期を迎えています。

塩谷・群馬と続き、九州でも糸島があり、

もちろんここに名前を上げていない大会に出ている方もいるでしょう。

 

実は、メール通信を受講されている100㎞ウォーカーの方は

少なからずいます。

個人的な印象では、やはり九州の方が多いなぁ、という感じです。

 

九州の方は熱心で、自己記録で歩ても満足して頂けません(苦笑)

自己ベストを30分以上更新しても、

「この悔しさをバネに頑張ります」とのコメントを頂きます。

あまり具体的なタイムを言うとどなたかが分かってしまうので、

具体的なタイムは書きませんが、

えええ!そんな良いタイムを出して悔しんですか!というタイムです。

 

もちろん、メール通信でやり取りをしていて、

仕事との兼ね合いでなかなか練習が出来ないストレスを抱えているのは

知ってはいました。

そこをしっかりとクリアして自己記録なのですから、自分で自分をほめて欲しいと思います。

 

いろんな大会で、このウォーキングplus競歩と接点を持った方が

活躍してくださるのを拝見できるのは嬉しい限りです。

 

競歩のノウハウを社会に還元し

それをビジネスとして、なんとか成立させる。

スポーツが経済活動を介して社会的に貢献できることを、

これからも模索していきたいと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・ランニング愛好家が、トップアスリートの「真似できる…
  2. 動画で自分のフォームを撮影 フォームチェックで持ちたい感覚とは?…
  3. 2017世界陸上ロンドン 20㎞競歩男子 レビュー
  4. 力不足な部分は否めませんが、ウォーキング・競歩・ランを楽しむ皆様…
  5. ジャカルタ アジア大会の持つ意味
  6. 行橋別府100km メール通信トレーニングが生み出した可能性
  7. 競歩を引退した選手、サブ3でマラソンを走る…のに困る
  8. ウォーキングのスピードを即答でアドバイスする人を疑った方が良い理…
PAGE TOP