ブログ

行橋‐別府100㎞でタイムのため考えなければいけないこと 100㎞でトップが12時間台が出なかった理由の推測②

過去12時間台が出ているときは、

1区・2区のスピードのアベレージは、時速8㎞を超えている方が

必ずいました。

しかし、今回は一人もいませんでした。

昨日の考察の通り、これは「気温の高さ」が影響していたのは間違いないです。

例えそうで「気温の高さ」が影響したとしても

どんなに速くても12時間台はかかる訳ですから、必ず気温は下がります。

「一般的に」戦略として考えれば、気温が涼しくなったところでペースを上げることが

できて、タイムを作ることが出来るのですが、行橋‐別府100㎞の場合は特殊であり

一般的とはならない、ということです。

そのポイントは

・スタート時間が正午と比較的暑くなりやすい

・100㎞と距離が長いので、日が暮れて気温が低い頃はTOP選手としては後半で疲労が高いときにペースアップが必要になる

・最後に勾配がきつい坂がまっており、ペースが後半に上がり難い

といったところが考えれます。

つまり、この行橋‐別府100㎞でタイムを出すためには

いかに2区までスピードをしっかりと出して、後半にそのスピードの落ちを少なくするか?

というのが大切なのです。

ただ・・・

前述の通り、「正午スタート」、つまり気温が高い状態でのスタートとなり

最初のペースアップがしづらいのでは?、とも思います。

あと速いスピードで疲労が蓄積し、後半の疲労や天候・気温の変化に対応できるか?もあります。

 

それを裏付けるように「2009年」「2013年」の天候は「晴れ・夜8度」です。

この時の大会は、1区まで時速8㎞を超えて歩かれている人はいますが、

結局は、12時間台は一人も出ませんでした。

スタート時間の天候・後半のスタミナ、これが「行橋‐別府100㎞」でタイムを作る上で

考えなければいけない、要因でしょう。

Follow me!

関連記事

  1. 最速 の ウォーキング 競歩の速さを感じる動画
  2. たくさん着なくても温かくしてウォークしたい!
  3. 箱根駅伝から学ぶ 強い者が「強い」では無く、勝った者が「強い」
  4. 【レポート】座学!ウォーキング講習会in大岡山 2017年6月
  5. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  6. ウォーキングを 変形膝関節症だからと言って諦める理由はありません…
  7. 「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にして…
  8. 普及に想う
PAGE TOP
PAGE TOP