ブログ

箱根駅伝 母校の解散式に想う

箱根駅伝が無事に終わりました。

母校は残念な結果に終わりましたが、

3強と言われながらも、往路優勝は逃したものの

青山学院大学の圧勝と言っていい内容でした。

 

競技スポーツに身を置くものとして、

勝負の結果が評価されることは、受け入れなければいけないことです。

良い結果であれば、特段問題は無いのですが

やはり悪い結果のときは、それまでどんなに良い結果を積み上げてこようとも

そのとき出した結果ばかりがクローズアップされます。

 

競技というものは、つくづく残酷だなぁ、っと思います。

そして、勝てば官軍です。

 

負けた者は、負けた悔しさが一番のエネルギーにしなければいけません。

母校の箱根駅伝解散式で気になったのは、

悔し涙の選手がいなかったことです。

ひょっとしたら、私が気が付かなかっただけかもしれませんが。

 

もちろん、泣けば良い、というつもりで言っている訳ではありません。

ただ、エモーショナル(感情的)な部分が、なければ

耐えられることの範囲が小さくなる、と思います。

 

私の懸念が「老婆心」で終わって欲しい、と思わずにはいられません。。。

Follow me!

関連記事

  1. 樋熊君、日本中に競歩を知ってもらう旅、無事にゴール
  2. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  3. 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 100㎞…
  4. ウォーキング プロとアマチュアの境目とは?
  5. 片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと
  6. WEB番組がOA中とちょっとパーソナルの連絡
  7. 年賀状についてのご連絡
  8. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
PAGE TOP
PAGE TOP