ブログ

パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル

パーキンソン病の方とのパーソナルウォーキングをしています。

もちろん、blogに書くことやHPで紹介することはOKもらっています。

医療行為ではなく、あくまでもウォーキングを中心としたトレーニングです。

今のところは、本人も驚くほど劇的に変わっています。

大きく変わったのは2点

〇ウォーキングのフォーム
〇ウォーキングのスピード

ウォーキングのフォームは、もともとは

腰が落ちて曲がり、足が前に出ずに「老人」のような歩き方でしたが

短期間で一気に変わりました。

ウォーキングのスピードも、当然ウォーキングフォームが良くなったのだから

スピードも速くなりました。

ご本人とすれば、パーキンソン病を発病して

出来ないことばかりが多くなってきた中で、出来ることがあった

とうのが嬉しかったので、喜びも大きかったです。

まだ、これからじっくり観察してみます、と言っていましたが

「レジで買い物を待つときに、以前より震えずに待っていられるようになった気がします」

とのことでした。

さて、これからどう体力が付いていくのか?どんな変化が起こるのか?

楽しみです!

Follow me!

関連記事

  1. 変形膝関節症でも30㎞を歩けるのです 65才女性
  2. 74才でもトレランで自己記録を雨の中でも出せた結果から学ぶ 心拍…
  3. 【60代女性】歩けなかったとき観察していた他人のウォーキングフォ…
  4. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
  5. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
  6. 一山選手の代表内定という結果に想う
  7. 日本代表と一般ウォーカーとコーチの苦悩
  8. ウォーキング・ランニングにお勧めしたい GARMINの時計
PAGE TOP
PAGE TOP